コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 届出・証明 > 戸籍・住民票 > 福岡県パートナーシップ宣誓制度に基づき、住民票の世帯主との続柄を「縁故者」とすることができます。

福岡県パートナーシップ宣誓制度に基づき、住民票の世帯主との続柄を「縁故者」とすることができます。

更新日:2022年10月14日

 令和4年(2022年)4月1日に、福岡県パートナーシップ宣誓制度が始まりました。これに伴い、糸島市では、令和4年(2022年)4月15日から、パートナーシップ宣誓制度利用者における住民票の取扱いについて、次のとおり定めました。

福岡県パートナーシップ宣誓制度利用者における住民票の取扱い

 福岡県パートナーシップ宣誓制度利用者本人から申出があった場合、世帯主との続柄を「縁故者」として取扱います。また、同一世帯におけるその縁故者の親族の続柄についても、「縁故者」とします。
 住民票の世帯主との続柄を変更する取扱いのため、当事者双方が同一世帯である場合に限ります。

手続き

 次の2点をお持ちの上、市民課異動窓口でお申し出ください。

・続柄を「縁故者」としたいことの申出が分かる書面(住民異動届又は自作の文書)
  住民異動届は市民課窓口に用意しています。
・パートナーシップ宣誓証受領証の写し

参考

 外国人住民同士の同性婚で、本国における婚姻関係を証する書類の提出があった場合は、両者の続柄を「縁故者」と記載します。

お問い合わせ

市民部 市民課
窓口の場所:本館1階
ファクス番号:092-323-1149

郵送請求担当
(住民票の写しや戸籍謄抄本、転出証明書などの交付請求を郵送で行うとき)
電話番号:092-332-2064

戸籍係
電話番号:092-332-2065

市民係
電話番号:092-332-2065

マイナンバー係
電話番号:092-332-2065

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。