コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 伊都郷土美術館 > 展示会 > 平成30年度 > 「伊都郷土美術館 子どもアート教室2018」のご報告

「伊都郷土美術館 子どもアート教室2018」のご報告

更新日:2019年1月28日

子どもアート教室2018の開催

8月4日(土曜日)、5日(日曜日)にかけて「伊都郷土美術館 子どもアート教室2018」が行われました。
 
この企画は、子どもたちに自由に絵を描かせたり造形をさせたりすることで、芸術の面白さを知ってもらうことが目的です。
たくさん用意された画材の中から好きなものを選び、好きなものを描いていきます。
 
IMG_0440.jpg
  
7月2日から受付を開始してからすぐに定員が埋まり、美術館での主催事業へ寄せられる期待の大きさを感じることができました。

1日目には、自由に描くことを徹底させました。描く対象は、「静物」「夢で見たもの」「風景」など、なんでもOKです。2日目には、講師の木戸先生により「キャンバスいっぱいに大きく描くこと」「色をしっかり塗ること」が指導されました。具体的な描き方について細かい指示はありませんが、持つ力を存分に発揮させるための最低限のアドバイスを行います。
あいだに15分の休憩をはさみつつ、子どもたちにはたくさんの絵を描いていただきました。中には、二階の展示室での作品をデッサンしに行くお子さんも見られ、積極的に取り組んでいる姿に、指導する側もエネルギーをもらいました。

2日間を通して、子どもたちの絵は格段に力強く、そして熱の入ったものになっていきました。
 
IMG_0443.jpg
 
描いていただいた絵と一緒に、講師の木戸先生との記念撮影も。 

art9.jpg

子どもアート教室作品展

作品は、7日から13日にかけて伊都郷土美術館で展覧会を行いました。
さらに、11日にはギャラリートークも開催。ギャラリートークとは、感想や質問などを言い合って作品への理解を深めていくイベントです。大人の発想ではなかなかできない面白い作品がたくさんあって、話をする中で豊かな感性に驚かされました。

また、事業後に回収したアンケートでも「次もまた参加したい」との声をたくさん聞くことができ、来年度以降の足掛かりとなりました。いろんな画材で描けることだけでなく、先生に褒めてもらえることも、子どもたちにとって大きな自信になったようです。

盛況のうちに終わることができ、アート教室に参加してくださった方々、ご協力いただいた方々、皆様にお礼申し上げます。
この企画を通じて、お子様方が「絵を描くことって面白いな」「家でもなにか作ってみようかな」、また保護者の方には「いろいろ描かせてみようかな」と、芸術に対して前向きな気持ちになってくだされば、開催した側としてこれ以上の喜びはありません。
毎年、なんらかの形で伊都郷土美術館を活用した事業を行っていきたいと思いますので、ぜひ来年以降にまたよろしくお願いいたします。
 
============================================
完成した作品は糸島市役所文化課で預かっておりますのでぜひ取りにいらしてください。

場所:市役所新館6階 文化課
============================================

お問い合わせ

教育部 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

伊都郷土美術館
電話番号:092-322-5661

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。