コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 伊都郷土美術館 > 展示会 > 令和2年度展示会インタビュー > 「中田眞由美 小さな絵画展「一環」」インタビュー

「中田眞由美 小さな絵画展「一環」」インタビュー

更新日:2020年9月25日

絵本のような世界で魅せる作品展

令和2年9月20日(日曜日)から令和2年9月27日(日曜日)まで、「中田眞由美 小さな絵画展「一環」」が開催されています。
猫や自然をテーマにした、独特のファンタジックな絵を約30点展示しています。作者である中田眞由美さんが昨年還暦を迎え、今回はその記念として、糸島での初めての個展となっています。

tiisanasakuhin_3.jpg

tiisanasakuhin1.jpg

手前の大展示室には、果物や植物、幻想的な景色を描いた作品、奥の小展示室には、猫をテーマにした作品が飾られています。また、作品の多くに、作者による解説コメントが寄せられていて、その情景の解説であったり、描いたときのイメージであったり、そうした断片から想像をふくらませることもできます。そうした、一枚の絵ながらも、その背景にストーリー性を感じさせるような広がりと、絵本の挿絵になりそうな、幻想的で優しくも不思議な世界が魅力となっています。

中田さんは昔から絵画への興味はありつつも、自分でも描いてみようと勉強を始めたのは、5年ほど前だったそうです。現在も、描きたいものを描きながらも、プロ画家の先生方に指導を受け、空間の取り方などを習い続けています。 

tiisanasakuhin2.jpg  

中田さんが主に描くのは、たくさんのかわいらしい猫の絵。以前に大事な家族だった愛猫を亡くし、感情の赴くまま、つらさや悲しみを絵として昇華してきました。そのうちに少しずつ気持ちに整理がつき、この別れから始まる出会いもあるのでは、と考えていくようになったそうです。また、令和になってから新たに猫を迎え、今も一緒に過ごしているそうで、今後もたくさんの絵が増えていきそうです。

作者の思いがつまった、やわらかくも独特な世界を描きだす「小さな絵画展」は9月27日(日曜日)まで。
作品ごとに十分な距離をおき、コロナ対策もしっかり行っていますので、土日に、ゆっくりと不思議な世界を体験してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ

教育部 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。