コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 伊都郷土美術館 > 展示会 > 平成30年度展示会インタビュー > 「坂本かな絵画展」インタビュー

「坂本かな絵画展」インタビュー

更新日:2019年1月18日

穏やかな異世界に浸れる絵画展

今日は1月16日(水曜日)から1月20日(日曜日)まで行われている「坂本かな絵画展」をインタビューさせていただきました。

独特の世界観をもつ絵本のようなやわらかい画風が特徴的な坂本かな氏による絵画展で、福岡市での初個展から数十年間絵を描き続けられていますが、今回は約30点ほどの作品が飾られています。

int_sakamoto2.jpg
 
int_sakamoto3.jpg

色鮮やかながら、穏やかかつ優しく、絵本にも合いそうな作風です。
1枚の絵に数か月かかることもあり、描いては修正し、また時間をおいて描き直すなど、納得のいくまでじっくりと作品を作り上げています。

int_sakamoto1.jpg

坂本氏のモットーは「好きなものを描く」ということです。
評価も嬉しいながら、まずは自分の描きたいものをとことん追求し表現していきたいという気持ちが生まれ、絵を描き続けています。
お話を聞いていると、絵のしっとりとした落ち着いた雰囲気とはまた違ったパワフルなエネルギーを感じることができました。
 
int_sakamoto5.jpg

絵の中には、頻繁に植物や動物、月が登場しています。
動物や月に強い愛着があるそうで、月に関しては特に印象深いエピソードも教えてもらいました。昔、街灯もない暗い夜道を歩いて帰っていた日々の中で、道を照らす明るい月が心を励ましてくれた思い出があり、それからは、月をどこか安心できるものとして画面の節々に描くようになったそうです。

背景を知ると、同じ絵でも違う見方ができるようになります。
  
int_sakamoto4.jpg
 
そして植物も、パッと目を引くような市販の切り花ではなく、日本古来から自生していたものや野草などが描かれています。普段の生活では見逃してしまう部分の魅力を引き出して、それを周りに絵を通して伝えられる感性は素晴らしい技術だと感じます。

以前はメキシコで生活し、絵の仲間たちと制作に励んでいたそうで、日本とはまったく違う環境で、ときには生活に困窮しつつ様々な絵描きと語り合った経験からも、その感性と、物作りのポリシーが形作られたのかもしれません。

坂本氏はこの美術館をとても気に入ってくださっているとのことで、お話を聞きながらとても嬉しい思いに満たされました。魅力的な展示会に応えられるよう、こうしたインタビューなどを通じて、もっと美術館や展示会の様子を発信していけるよう努力していきます。

暖かくも、どこか不思議な感覚を味わえる「坂本かな絵画展」は1月20日(日曜日)まで。ぜひ美術館にお越しください!
  
次回の展示会紹介は2月初め頃を予定しています。ご意見ご感想ありましたら、下のアンケートフォームからお気軽によろしくお願いいたします。

お問い合わせ

教育部 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

ご意見・ご感想等ありましたら、下のアンケートフォームからよろしくお願いします!

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。