コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 伊都郷土美術館 > 原田新八郎氏について > 原田新八郎氏の功績

原田新八郎氏の功績

更新日:2019年5月31日

原田新八郎氏の功績

原田新八郎氏近影

原田新八郎氏は、1916年前原町(現・糸島市)に生まれ、糸島中学(現・糸島高)を卒業後、東京美術学校(現・東京芸大)で彫刻を専攻しました。

その後、高校教諭などを務めながら創作活動に打ち込み、複数回にわたり日展に入選。

1956年には「働く人」が特選、翌年には「漁婦」が再び特選に選ばれ、1960年には第1回菊華賞(現 菊花賞)を受賞しています。
晩年は、福岡教育大学で教鞭をとりながら創作活動を続け、1986年には前原町に作品と土地等を寄贈、現在の伊都郷土美術館が開設されました。

彼の作品は、今でも身近に見ることができます。
伊都文化会館ステージの緞帳の絵や糸島市役所本庁舎内の壁画、改築前のJR筑前前原駅前にあった母子像(現在は糸島高校駅前に移設)などはその一例です。
また、伊都郷土美術館には、代表作「働く人」「漁婦」のほか、多くの彫刻と絵画を展示しています。

糸島の美術界の礎を築いた氏の作品を、ぜひご覧ください。

お問い合わせ

教育部 文化課
窓口の場所:新館6階
ファクス番号:092-321-0920

文化振興係
電話番号:092-332-2093

文化財係
電話番号:092-332-2093

伊都国歴史博物館
電話番号:092-322-7083

志摩歴史資料館
電話番号:092-327-4422

伊都郷土美術館
電話番号:092-322-5661

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。