コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 伊都郷土美術館 > 美術館だより > 令和2年度 > 5月号「休館を経て」

5月号「休館を経て」

更新日:2020年6月25日

 新型コロナウイルスの感染拡大により休館が続いていた美術館も、ようやく日常が戻りつつあります。約三か月にわたる、長い休館でした。この期間に多くの予約が入っていましたが、取り消しとなり、いろいろな展示会が延期・中止となってしまいました。作品展にむけて早くから準備してきた方々はあきらめきれない思いもあったようでした。改めて、今回のウイルスの影響の大きさを感じます。

 休館中の美術館では玄関のシャッター扉を閉め、事務室の窓を開けて換気、机や椅子の消毒など、感染防止に努めました。人のいない美術館は淋しいもので、来館者のにぎやかな声もなく、静まり返った館内は不気味ですらありました。

 二階に上がると、彫刻家の原田新八郎先生が制作した等身大の立像が並んでいますが、作品の一点一点がなにかを語りかけてくるような錯覚を覚え、その迫力に改めて圧倒されます。学芸大学(現教育大)在学中、原田先生の指導を受けたことがありますが、なかなか思うように進まず、怒られ、そのたびに反発していました。そんな時代も、懐かしく感じられます。

 美術館に訪れる方はぜひ二階の彫刻展示も鑑賞し、作品との対話を楽しんでみてください。

zyousetu_ryouhu.jpg

お問い合わせ

教育部 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

伊都郷土美術館
電話番号:092-322-5661

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。