コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 伊都郷土美術館 > 美術館だより > 令和元年度 > 4月号「『伊都郷土美術館の誕生』について」

4月号「『伊都郷土美術館の誕生』について」

更新日:2019年5月22日

「平成」最後の「美術館だより4月号」は、伊都郷土美術館誕生の歴史の一端を当時の「糸島新聞」や「西日本新聞」の記事からお便りします。
 
糸島市立伊都郷土美術館は、彫刻家原田新八郎先生が68歳のときの1985年(昭和60年)の4月に、「地域文化向上のために何とか美術館を建設したい!」「郷土前原に美術館を!」との長年の願いをこめて、当時の前原町に現金1500万円と所有の土地約230平方メートルを寄贈されたことによって建設されました。

4_bizyutukan_4.jpg

翌年、この美術館は文化会館落成に合わせて完成します。
1階の大展示室と小展示室は「市民ギャラリ-」として美術愛好家たちの作品が展示され、2階の「原田ギャラリ-」である彫刻展示室は先生の素晴らしい彫刻が常時展示されています。

4_bizyutukan_6.JPG

近年は、特別企画展等も充実して多くの鑑賞者が訪れ、地域文化の核としての働きを立派に果たしています。年間1万人程の鑑賞者を迎え、原田新八郎先生の願いは結実していると言えるのではないでしょうか。

4_bizyutukan_3.JPG

郷土が誇る芸術家の思いを受けて、益々の市民の皆様のご利用とご来館を願っています。

             糸島美術協会 吉丸 泰生

  • 4_bizyutukan_1.jpg

    市民による作品展の開催

  • 4_bizyutukan_2.jpg

    特別企画展の開催

 【美術館だより4月号の掲載が遅れましたこと、楽しみにしていただいている皆様にお詫び申し上げます】

お問い合わせ

教育部 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

伊都郷土美術館
電話番号:092-322-5661

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。