コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 伊都郷土美術館 > 美術館だより > 平成30年度 > 2月号「第64回糸島美術工芸展について」

2月号「第64回糸島美術工芸展について」

更新日:2019年2月22日

今年も1月4日より「第64回糸島美術工芸展」が伊都郷土美術館にて開催され、586名の市民の方々に観覧いただきました。
主催の「糸島美術協会」は昭和23年に日本画家松永冠山氏、彫刻家原田新八郎氏を中心に小中学校の教員や地元美術愛好家で結成されて以来、毎年美術工芸展が開催されて今年で第64回目となります。

私も会員として、この伝統ある展覧会に出品しました。
学生時代に絵画の部活以来の定年後の楽しみとして絵を描いています。今回の水彩画のテーマは、「年を重ねてきた自分を表現する」であります。水彩画の作品の題は「過ぎし季節」としました。私も後期高齢者の仲間ですが、絵は枯れていくヒマワリの花を描き、枯れていく花でもキラリとした輝きが残っているところを描いてみました。
 
 kawakami_2.png
 
私自身も残り少ない人生をただ枯れるのではなく何か「キラリ」と生きたいと思っています。

この「糸島美術工芸展」には一般公募の出品者が14名もありました。いずれの作品も素晴らしいものです。是非「糸島美術協会」に加入して、大いに自分を表現し、アピールしてみませんか?

会員 川上幸太

連絡先 伊都郷土美術館(内) ☎092-322-5661

お問い合わせ

教育部 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

伊都郷土美術館
電話番号:092-322-5661

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。