コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 伊都郷土美術館 > 美術館だより > 平成30年度 > 4月号「偉大な足跡の芸術家二人に感動と感謝!」

4月号「偉大な足跡の芸術家二人に感動と感謝!」

更新日:2018年5月15日


2016年は彫刻家原田新八郎先生の生誕100年にあたり、秋季企画展として11月に「生誕100年記念原田新八郎展」を開催しました。

常設展示作品だけでは知ることのできない、作品制作への原田先生の情熱や人柄が伝わってくる素晴らしい内容となり、その生き方に深い感銘を覚えました。また、市内に設置されている先生の彫刻作品(ブロンズ銅像)の写真と設置地図などで先生の偉大な足跡を知ることが出来ました。
       

2017(平成29)年1月には、糸島美術協会が主催し「生誕100年記念原田新八郎作品展」を開催しました。先生の親族所蔵の作品も展示、最終日には<トークイベント>「つくる人 原田新八郎を語る」を開き、先生に教えを受けた美術家による往時のエピソードが披露されました。
 

 一方、2018(平成30)年1月には、冬季企画展「松永冠山 未発表素描展」を開催し、多くの市民が来館しました。

日本画家として知られる松永冠山先生は、京都で絵画を学び故郷に戻って多くの作品を手がけ、原田先生と共に美術教育に生涯をささげました。福岡県立美術館にも彼の作品である大きな屏風画『往く春』が所蔵されています。

この郷土を代表する二人の芸術家は、共に1948(昭和23)年の糸島美術協会の設立に尽力し、その初代会長に就任したのが松永冠山先生でした。

 

以来糸島美術協会は70年の歴史を刻み、1月には「糸島美術協会設立70周年記念糸島美術工芸展」を伊都郷土美術館にて開催しました。
来る6月には、糸島美術協会会員の大作を含めた150余点を展示する展覧会を福岡県立美術館で開催する取り組みを進めています。

二人の先達に尊敬と感動・感謝をするとともに、糸島地区の文化向上に向けた活動を進めていく決意を強くしているところです。         
(糸島美術協会 吉丸 泰生)

お問い合わせ

教育部 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

伊都郷土美術館
電話番号:092-322-5661

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。