コンテンツにジャンプ
糸島市 消費生活センター
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 訪問販売

訪問販売

更新日:2012年4月12日

事例1 新聞

昨日、自宅に新聞の勧誘員が訪れた。「現在購読している新聞の契約が終わってからでよい、洗剤とビールをサービスであげる」と言われ、半年後から1年間の購読契約をした。落ち着いて考えたら、最近視力が弱り新聞を読むのが億劫になっている。半年後の購読が不安なので解約したい。

事例2 オール電化の工事

3日前、「オール電化にしませんか。今ならキャンペーン中で工事代を無料にします。電気代も安くなりますよ」と業者が訪問してきた。現在の光熱費との比較を丁寧に説明され10年間で元が取れるとの事だったので申しこんだ。120万円の支払いはクレジットにしたが、知人から高すぎると言われ不安になってきた。今から解約できるだろうか。

アドバイス

  • 特定商取引法の訪問販売では、契約書面を受け取って8日以内であれば、クーリング・オフによって解約する事が出来ます。クレジットを組んだ場合はクレジット会社へもクーリング・オフの書面を出します。
  • 例え商品を使用していても、クーリング・オフ期間内であればクーリング・オフは可能です。(注:商品によって使用したものは返品できないものもあります。詳しくはクーリング・オフのページをご覧ください。)
  • クーリング・オフ期間を過ぎても、消費者が「安くなる」などの言葉を信じて誤まって(誤認)契約した場合、取り消しできる場合があります。あきらめずに相談してください。
  • 一度断ったにも関わらず、同じ商品を勧誘する事は禁止されています(再勧誘の禁止)。必要のないものは「いりません!」とはっきり断る事が重要です。
  • 工事などの契約は高額な契約になる事が多いので、複数の業者から見積もりを取り、比較検討したうえで慎重に契約するようにしましょう。

お問い合わせ

糸島市消費生活センター
電話番号:092-332-2098
ファクス番号:092-324-2531

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。