コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 糸島市消防本部 > 消防団 > 消防団の活動 > 消防団の行事 > 糸島市消防団『令和2年度 春季火災予防訓練実施!』

糸島市消防団『令和2年度 春季火災予防訓練実施!』

更新日:2021年3月16日

3月1日から3月7日の春季火災予防週間に併せ、糸島市消防団は、3月7日(日曜日)火災予防訓練を実施しました。

今年度最後となる今回の訓練は、「ポンプ操作やホース展張、情報伝達等、火災現場に活かせる訓練を行ってほしい」という三島団長の指示のもと、『火災現場に到着後いかに早く安全・確実に消防団活動を行うか』を意識し、より実践的なものとなりました。各分団、今回の訓練の講評をふまえ今後の活動に磨きをかけていきます。
令和3年度も市民の皆さんのご協力とご支援をよろしくお願いします。

令和3年1月以降、例年に比べ火災の件数が急増しております。
春を迎え空気の乾燥や強風が吹くなど、火災のリスクが高い日々がまだ続きます。
消防団活動はもちろんの事、市民の皆さん一人一人が各自で出来る火災予防を意識していただき、一緒に『私たちのまち』を守っていきましょう。

●二丈地区合同訓練
 二丈地区の一貴山、深江、福吉3つの分団が合同で訓練を実施。
春めいてきたとはいえ、まだまだ風が冷たい早朝から、 50人を超える団員が訓練に汗を流しました。  真剣だからこそ出る叱責や大きな声。繰り返し訓練を行い、団員同士で確認しあいました。

 nizyou1.jpg  nizyou2.jpg  nizyou3.jpg  nizyou4.jpg

●前原地区合同訓練
前原地区の波多江、前原、加布里、雷山、長糸、怡土6つの分団が合同で訓練を実施。
前原カントリー北側から火災が発生し、東からの強風に西側は黒煙がたち大変危険な状況と想定。安全管理をしっかりと行いながら、2つの分団が中継をして消火活動を行いました。
1組毎に反省点の確認を行い、分団長や班長等から指導が入ります。団員同士がお互いに伝達方法等を確認しあいました。

 maebarutiku1.jpg  maebarutiku2.jpg  maebarutiku4.jpg  maebarutiku3.jpg

●志摩地区合同訓練
志摩地区の可也、野北、小富士、芥屋、桜井の5つの分団が合同で訓練を実施。
日中行われた各分団の水利点検や中継訓練後、19時から志摩地区5分団の自動車班による夜間模擬火災中継訓練を実施。
自宅待機の各団員が「模擬火災発生」の連絡が入るや否や、一斉に各分団詰め所に集合。現場はあらかじめ知らされていないため、詰め所で初めて現場を把握。 分団長や班長の指示で現場へ出発しました。
現場では、指揮者の指示のもと中継地点へのポンプ車の移動や暗闇の中のホース中継を行い、消火活動を行いました。

 sima1.jpg  sima2.jpg  sima3.jpg  sima4.jpg

●長糸分団個別訓練
午前中の前原地区合同訓練に引き続き、個別訓練を実施。
訓練内容は、長糸分団伝統の「提灯落とし」。小型ポンプで汲み上げた水がホースを伝い筒先へ。火点めがけて放水します。
迅速な消火活動に活かすため、6班対抗でタイムを競います。

 nagaito2.jpg  nagaito1.jpg  nagaito3.jpg  nagaito4.jpg

 ●波多江分団個別訓練
午前中の前原地区合同訓練終了後、ホース展張、放水訓練を実施。
冷たい風が吹きつける中、何度も繰り返し訓練を行いました。

 hatae1.jpg  hatae3.jpg  hatae4.jpg  hatae2.jpg

 ●前原分団個別訓練
午前中の前原地区合同訓練終了後、ホース展張や延長訓練を小型ポンプを使用しながら実施。 何度も何度も操法を確認しながら訓練を行いました。

 maebaru1.jpg  maebaru3.jpg  maebaru2.jpg  maebaru4.jpg

お問い合わせ

消防本部 警防課
代表番号:092-322-4222
直通番号:092-332-8027

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。