コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 水道・下水道 > 水道 > 給水装置 > 水道管の凍結にご注意を

水道管の凍結にご注意を

更新日:2023年1月23日

冬の寒い日や雪の日などは、凍結で水が出なくなったり、水道管やメーターが壊れたりすることがあります。
家庭でできる方法で、凍結を防止しましょう。

家庭でできる「凍結」防止策

屋外の露出管

保温チューブ(ホームセンターなどで購入可)や布きれを巻いて保温をし、その上からビニールを巻いて防水してください。
凍結を予防するには、水道管を濡らさないことが大切です!

  • 実際に屋外に露出している水道管の画像

    屋外に露出している水道管

  • 実際に布切れや保温チューブで巻き付けた画像

    布切れや保温チューブで巻き付ける

  • ビニールで防水している画像

    布切れで巻き付けた場合、ビニールで防水する

露出管保護のイラスト

メーターボックス

地上式メーターボックス

 地上式メーターボックスの中は、発泡スチロールで保護されているため、特に対策の必要がありません。

  • 実際の地上式メーターボックスの画像

    地上式メーターボックス

  • 地上式メーターボックスの中にある発泡スチロールの画像

    地上式メーターボックスの中にある発泡スチロール

地下式メーターボックス

 発泡スチロールや新聞紙などの保温材を袋に詰めて、その上にタオルで覆い保温してください。
 ただし、水道メーターの検針の支障にならないように、対策をお願いします。

  • 準備するものの例

    準備するもの

  • 地下式メーターボックスの中の画像

    地下式メーターボックスの中

  • 袋に詰めた新聞紙等を敷き詰めた画像

    袋に詰めた新聞紙等を敷き詰める

  • タオルで覆い保温している画像

    タオルで覆い保温する



もしも、凍結した場合の対応策

水道管にタオルをかぶせ、その上からぬるま湯をゆっくりかけて溶かします。
注:熱い湯をかけると、水道管が破損することがありますのでご注意ください。

凍結した場合の対応策のイラスト

破損したら修理が必要です

凍結により水道管が破損したときは、メーター横にあるバルブを時計回りに回して閉め、市の指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。
ただし、修理費は自己負担になります。

  • 地上式メーターボックス横のバルブの画像

    地上式メーターボックス横のバルブ

  • 地下式メーターボックス横のバルブの画像

    地下式メーターボックス横のバルブ

お問い合わせ

糸島市上下水道サービスセンター
窓口の場所:第2別館1階
電話番号:092-332-2081
ファクス番号:092-329-1127

上下水道部 水道課
窓口の場所:第2別館1階
電話番号:092-332-2082
ファクス番号:092-329-1127

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。