コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 企業・事業者 > 農林水産業 > 農業 > 糸島市におけるミカンコミバエ種群のまん延防止に向けた取り組みの実施について

糸島市におけるミカンコミバエ種群のまん延防止に向けた取り組みの実施について

更新日:2021年11月05日

1 経過 

10月5日 福岡県が糸島市に調査用トラップ(わな)を設置

11月2日 調査の結果、ミカンコミバエ種疑義虫1頭を確認

11月3日 植物防疫所にてミカンコミバエ種群と確認

 

2 ミカンコミバエとは

ミカンコミバエは、かんきつ類、モモ、ビワ、トマト、マンゴウ等の生果実に大きな被害を与える害虫であり、台風等の強風により、中国や東南アジア等から国内へ飛来するため、農林水産省植物防疫所が福岡県、糸島市及びJA糸島と連携し、トラップ(わな)調査、初動防除、寄主果実調査を行います。なお、人畜に毒性・寄生性はありません。

 

(1) トラップ調査

発生地点を中心に半径約5キロメートル円内にトラップ(わな)を樹木等に設置し、発生状況を確認します。

調査期間は、3世代相当終了日(令和4年8月13日)の期間以降の日とします。

 

(2) 初動防除

ミカンコミバエのまん延を防止するため、発生地点を中心に半径約5キロメートル円内にテックス板を設置します。


【説明】テックス版とは、約5センチメートル角のパルプかす、木材くず等を圧縮して作った板で誘引剤と殺虫剤を染み込ませたもので、雄のミカンコミバエを誘引して殺虫除去することで、雌と交尾する機会を減らし根絶させるために設置します。

なお、殺虫剤の有効期間は約30日間で、板は自然に土に還る素材でできています。

 

(3) 寄主果実調査

寄主果実調査は、ミカンコミバエの寄主植物の成熟果実を主体に、その他傷果実、落下果実、腐敗果実、奇形果実を発生地点中心に半径約2キロメートル円内で採取し、原則として一定期間保管後寄生の有無を確認します。

お問い合わせ

産業振興部 農業振興課
窓口の場所:第1別館2階
ファクス番号:092-321-0922

農政係
電話番号:092-332-2087

農業振興係
電話番号:092-332-2087

水田農業係
電話番号:092-332-2087

農地係(農業委員会)
電話番号:092-332-2087

農業公園ファームパーク伊都国
電話番号:092-322-7661

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。