コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠が分かったら、母子健康手帳の交付を受けましょう

妊娠が分かったら、母子健康手帳の交付を受けましょう

更新日:2021/03/30

  医療機関で妊娠が確認できたら、早め(妊娠11週以内)に母子健康手帳の交付を受けましょう。
  母子健康手帳は健康福祉センターあごら2階の「子育て世代包括支援センターいとハピ」で交付します。交付・面談時間は、30分程度です。

母子健康手帳の交付 ~必ず予約をしてからお越しください~

交付場所 

 糸島市子育て世代包括支援センターいとハピ
 (糸島市潤一丁目22番1号 健康福祉センターあごら2階)

交付日時

 火曜から土曜日 9時00分~16時30分(国民の祝日・休日・年末年始を除く)

予約方法 

 電話予約 092-324-9994(いとハピ直通)
 母子健康手帳・子育て応援アプリ いとハピナビから(関連リンク参照)

持ってくる物

 1:妊娠していることを証明する医療機関発行の書類など
  (例:エコーの写真、妊娠届出書、分娩予定日証明書)

 2:【本人(妊婦)が手続きする場合】

   ・個人番号を確認できるもの(個人番号カード、番号付住民票、住民票記載事項証明書)

   ・本人確認書類*

   【家族等代理人が手続きする場合(本人が体調不良等で来所できない場合など)】

   ・妊婦の個人番号を確認できるもの

   ・代理人の本人確認書類*

 
   *本人確認書類

    顔写真付き1点…個人番号カード、運転免許証、パスポート、
             在留カード又は特別永住者証明書 など

    顔写真なし2点…住民票の写しもしくは住民票記載事項証明書、各種健康保険被保険者証、
                                  年金手帳、児童扶養手当証書又は特別児童扶養手当証書 など

妊婦健康診査で経過をチェック

 妊娠中は、さまざまな体の変化が起こります。一定の間隔で健診を受けて、

 赤ちゃんの成長やお母さん自身の健康状態をチェックしましょう。

 健診を受ける目安

 妊娠23週(6か月末)まで…4週間に1回

   妊娠24週~35週(7~9か月末)まで…2週間に1回

   妊娠36週(10か月)~出産まで…毎週1回

   あくまでも目安です。主治医の指示に従いましょう。

 必要なもの

 健康保険証、母子健康手帳、妊婦健康診査補助券(母子健康手帳交付時に発行) 

 妊娠期間中に転出をした場合

 転出した日から、妊婦健康診査補助券は使用できなくなります。

 転出先の市町村が発行する補助券に差し替えてください。

 母子健康手帳はそのまま使用できます。

お問い合わせ

糸島市子育て世代包括支援センターいとハピ(健康づくり課母子保健係)
電話番号:092-324-9994

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。