コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 市長への手紙 > 令和3年掲載分 > 「市長への手紙」に寄せられたご意見と回答(令和3年3月受付 掲載希望分)

「市長への手紙」に寄せられたご意見と回答(令和3年3月受付 掲載希望分)

更新日:2021年4月9日

野球施設の整備及び市内グラウンドの予約について

質問要旨

有田に避難所と多目的公園を作る予定みたいですが、何故球場を作らないのですか?多久・雷山の球場が無くなるのに、どうしてサッカー・ラグビー場は出来るのに球場は作らないのか教えてください。 
また、曽根グラウンドや他の多目的グラウンドをネット予約にした事により、偏った所ばかりが予約出来てとても困っています。

回答要旨

現在設置をすすめております糸島市運動公園は、運動・交流・防災の拠点として「多目的体育館」及び「広場」を整備することとしております。
野球場につきましては、運動公園の整備を計画する際に、既存施設の利用状況や利用競技種目、地区毎の設置状況、学校施設開放事業による運動場の利用状況等を検討し、前原・志摩・二丈、それぞれの地区に1カ所ずつ設置することとしたため、運動公園への野球場設置は予定しておりません。ただし、各地区1カ所に設置する野球場については防球ネットやグラウンドの改修を行うなど、利用環境の整備をすすめさせていただいているところですので、ご理解願います。
次に、インターネット予約についてですが、利用者の皆さんの多くのご要望により、平成31年2月1日より、糸島市体育施設のインターネット予約を開始しました。予約に関するルールは、以前の窓口受付の時と同じで、「先着受付」としており、市内団体の野球場及び運動場の利用予約につきましては、市外団体の利用予約より1カ月早く予約できることになっています。
偏った団体ばかりが予約されているとのことですが、皆様同じ条件で予約されておりますので、重ねてご理解いただきますようお願いいたします。

公立小中学校等での面会交流について

質問要旨

(質問1)別居・離婚で子供と会えない別居親が、糸島市の保育園・幼稚園・こども園・公立小中学校で子供と面会交流することを原則許可してください。同居親の同意がなくても面会交流を許可してください。許可できない場合、その法的根拠を教えてください。
(質問2)別居・離婚で子供と会えない別居親の両親(祖父母)が、糸島市の保育園・幼稚園・こども園・公立小中学校で孫と面会交流することを原則許可してください。同居親の同意がなくても面会交流を許可してください。許可できない場合、その法的根拠を教えてください。
(質問3)別居・離婚で子供と会えない別居親が、糸島市の保育園・幼稚園・こども園・公立小中学校で子供に手紙を送ることを許可してください。許可できない場合、その法的根拠を教えてください。

回答要旨

(回答1)面会交流を目的として公立小中学校を利用することについては、糸島市教育委員会では、施設利用の許可は行っていません。
学校は、教育基本法第6条第2項に規定されるとおり、教育の目標が達成されるよう、教育を受ける者の心身の発達に応じて、体系的な教育が組織的に行われる場です。学校での教育や学校の管理に支障が生じる可能性を否定することができない事案についての許可は難しいと考えます。
また、面会交流を目的として公立の保育所・幼稚園等を利用する事の許可を求められていますが、糸島市内には公立の保育所・幼稚園等はありません。
(回答2)別居親の場合と同様に別居親の両親(祖父母)であっても、糸島市教育委員会では、施設利用の許可は行っていません。
また、面会交流を目的として公立の保育所・幼稚園等を利用する事の許可を求められていますが、糸島市内には公立の保育所・幼稚園等はありません。
(回答3)郵便物の宛先が学校の児童生徒名となっている郵便物については、学校での教育や学校の管理に支障が生じる可能性もあるため、学校から児童生徒には渡していません。
到着した郵便物は、郵便法第40条の規定により、差出人へ還付を行っています。
また、子どもに手紙を送ることを目的として公立の保育所・幼稚園等を利用する事の許可を求められていますが、糸島市内には公立の保育所・幼稚園等はありません。

生理の貧困について

質問要旨

今世界だけでなく日本でも生理の貧困問題が浮上しております。#生理の貧困 を検索して頂くと、日本の若者の5人に1人が生理の貧困に直面しております。イギリスでは全ての女性に生理用品の配布が決定し、日本の一部自治体でも学校での無料配布を決定されました。 
是非とも糸島市内でもご検討頂けますでしょうか。

回答要旨

ご意見にありますとおり生理の貧困について問題が浮上していますが、本市においては、生活に困っている方への提供物資として、生存維持に不可欠な食品や飲料水を「フードバンク糸島Happiness」のご協力を得て、福祉支援課と糸島市社会福祉協議会の窓口で配付しているところです。
また、現在のところ、生活に困っている方へ臨時的にお渡しする給付品として、下着やタオルなどと一緒に生理用品を保管しています。コロナ禍が長引き、困窮に苦しむ方が増えており、これまで問題視されなかった部分が、このような世論の動きとなっていると思います。
生理用品を、糸島市民全ての女性へすぐに給付することは難しいですが、今後の動向を注視していきたいと思います。
この度は、貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
窓口の場所:秘書係/広報係:本館2階
情報化推進係:新館3階
ファクス番号:秘書係/広報係:092-324-0239
情報化推進係:092-323-2344

秘書係
電話番号:092-332-2111

広報係
電話番号:092-332-2101

情報化推進係
電話番号:092-332-2063

注:電話番号の掛け間違えに、ご注意ください。

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。