コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • Foreign Language

トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 市長への手紙 > 令和3年掲載分 > 「市長への手紙」に寄せられたご意見と回答(令和3年2月受付 掲載希望分)

「市長への手紙」に寄せられたご意見と回答(令和3年2月受付 掲載希望分)

更新日:2021年3月30日

志摩中央公園のトイレについて

質問要旨

志摩中央公園の子育て全力応援トイレのことで意見です。
扉の授乳マークを見てとても嬉しかったのですが、部屋が分かれて確保されているのかと見てみたら、トイレ(便器)の隣に椅子が置いてありました。
そこで授乳するという意味でしょうか。
トイレでご飯を食べることは非常識です。赤ちゃんに授乳する母親も嫌な気持ちになります。
限られたスペースしかないのでしょうが、トイレはトイレの使い方を。授乳する場所としては不適格だという意識で改革してほしいです。
あのスペースで授乳室を作るのは無理でしょうから、授乳スペースは公園内の建物に設置し、そちらをどうぞというやり方などでマークするなどができないでしょうか。
市ができる改善をお願いします。

回答要旨

本市では、子育て世代が多く利用する志摩中央公園において気軽にトイレの利用や人目を気にせずに授乳、おむつ替えができるよう子育て全力応援トイレを設置しています。
しかしながら、志摩中央公園の子育て全力応援トイレにおいて、利用時に、大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
今後の対応については、施設内に仕切りを設けて授乳スペースを確保することができるよう改善を図るとともに、子育て全力応援トイレに隣接する「健康福祉センターふれあい」や「可也コミュニティセンター」を授乳スペースとして利用できる旨をご案内したいと考えています。
今後とも子どもから高齢者まで誰もが利用しやすい公園になるよう取り組んでいきますので、引き続きご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

(仮称)DREAM Wind 佐賀唐津風力発電事業について

質問要旨

糸島の自然をどうか守ってください
糸島の自然景観をどうか守ってください。
背振山系の美しい景色は糸島の大切な財産です。

回答要旨

「(仮称)DREAM Wind 佐賀唐津風力発電事業」は、佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で風力発電所を設置する計画で、2024年度に着工、2026年度の運用開始を目指し、事業者において準備を進めているものです。
市としましては、「今後の調査・予測及び評価にあたり、最新の国内外の知見の収集に努め、専門家等から助言を得るなど慎重かつ丁寧な環境影響評価を実施すること」、「環境影響評価を検討するにあたり、本事業の実施による重大な影響等を回避又は十分に低減できない場合は、事業計画の見直しを行うこと」、「本事業の環境影響評価手続きの実施にあたり、市民等に対して丁寧な説明を行い、十分な理解を得るように努めること」について意見書を県に提出しております。
この事業は、環境影響評価の手続きを経て、最終的な事業認可は経済産業省で行われますが、自然環境の保護など環境への配慮を事業者に求めていくことといたします。

(仮称)DREAM Wind 佐賀唐津風力発電事業について

質問要旨

大和エネルギー(株)による「DREAM Wind 佐賀唐津風力発電事業」について、同社のホームページで方法書を見ると、風力発電建設や高圧電線、建設用道路、土砂捨て場などを建設する区域は、配慮書段階の唐津・糸島両市から、唐津市のみになっています。
建設予定地から糸島側、唐津市側には、民家が1キロ圏内に、そして3-5キロ圏内には小学校、福祉施設、医療機関、キャンプ場など人々の生活があります。
また、街を水害から守る保安林を大規模に伐採する計画であり、周辺河川の水源地の尾根ですから掘削工事をするなどの大規模開発は、自然災害も必ず誘発します。
前置きが長くなりましたが、質問です。
質問1.糸島市の生活環境課以外で風力発電に対応できる部署を教えてください。
質問2.今後、風力発電施設が建設されれば、糸島側も不慮の事故に対応せざる得ない状況になるかと思います。それまでにどのような対応部署を作られるのか、糸島市近隣に風力発電施設の建設を許した糸島市側の責任はどのように取られるおつもりなのかお答えください。
質問3.万が一、落雷などで森林火災になった場合、どの部署がどのような対処をされる予定かお答えください。
質問4.静岡県の東伊豆の風力発電施設では落雷で破損した3基の発電機の撤去費用が2億円、維持費用が年間1000万円かかるそうですが、破損した発電機を大和エネルギー(株)が撤去できない場合は、糸島市は撤去費用を捻出することはできるのか、お答えください。
質問5.風力発電による健康被害が出た場合は、糸島市生活環境課は対応できないと言われましたが、その場合の糸島市の対応担当部署を明確にして頂けますでしょうか?

回答要旨

平素より市政へのご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。  先日「市長への手紙」にご投稿いただきました内容について、次のとおり回答致します。

回答1.糸島市では、再生可能エネルギー全般を所管する生活環境課が窓口となっております。
回答2.事業者において、事故等が発生しないよう事業計画を検討することとしております。万一、事故等が発生した場合には、事業者が責任を持って対応いたします。
回答3.事業者において、火災事故等がないように努めることとしております。事故が発生した場合は、関係機関と協議のうえ、事業者が責任を持って対応いたします。
回答4.事業者の責任において、風力発電機の解体・撤去をすることとしています。
回答5.環境影響評価方法書以降の手続きにおいて、事業者は事業計画の過程で現地調査を踏まえた予測を実施することとしています。また、地形や気象等の影響を踏まえ、周辺住宅等への影響を適切に把握し、風力発電設備を住宅等から可能な限り離隔を確保する等の環境保全措置を検討することとしています。風車稼働後、健康被害の訴えがあった場合には、実際に現地の状況を確認のうえ、個別に事業者が対応することとしています。

 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
窓口の場所:秘書係/広報係:本館2階
情報化推進係:新館3階
ファクス番号:秘書係/広報係:092-324-0239
情報化推進係:092-323-2344

秘書係
電話番号:092-332-2111

広報係
電話番号:092-332-2101

情報化推進係
電話番号:092-332-2063

注:電話番号の掛け間違えに、ご注意ください。

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。