ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

博物館概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月25日更新

トップページ 糸島市の文化財 図録等の刊行図書のご案内 ダウンロード 伊都博ボランティアの会の紹介 いとはくキッズ 動画 リンク集 パノラマビュー

 博物館概要  施設案内  1階展示室  2階展示室  3階展示室(国宝展示室)  4階展望スペース

施設概要

館名/糸島市立 伊都国歴史博物館(公開承認施設)
所在地/糸島市井原916番地
所有・管理者/糸島市
開館年月日/平成16年10月29日
敷地面積/14,312.33平方メートル
床面積/4,118.98平方メートル
展示面積/1,108.28平方メートル
建物構造/Rc造一部Src造
資料数/考古資料、歴史資料、地図、映像資料、図書など約19,500点
職員/3
駐車場/50台(無料)
gaikan


業務案内

開館時間/9時~17時(入館は16時30分まで)
休館日/毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日が休館日)、12月29日~1月3日
入館料/一般210円(100円) 、高校生100円(50円)
※カッコ内は有料入館者20名以上の団体料金
※小中学生、65歳以上、障害者(付き添いの方1名まで)は入館料無料
  (身分証明書等のご提示をお願いすることがあります)
※特別展開催中は料金が変更となる場合があります。


館内設備

映像機器/タッチパネル、大型解説スクリーン、映像メディア など 
館内設備/エレベーター、エスカレーター、自動販売機、
        多目的トイレ(オストメイト有)、一部点字案内標示、
        音声ガイド(日・英・中・韓の4か国語対応)、
        4ヶ国語対応の展示パネル、展望スペース、
        図書スペース、映像メディアスペース、研修室 など


館の周辺について                                                   

 館の南には脊振山系の山々が連なり、東西には瑞梅寺川と川原川が流れており、毎年5~7月ころに東南アジアからやってくるアオバズク(フクロウの一種)や、ホタルなども見ることができます。

aobazuku

博物館北側の「せんだん通り」の木には、毎年5月ごろ、東南アジアからアオバズクがやってきます。
小さな体で子育てに励む姿は、けなげでありながら凛とした雰囲気の不思議な鳥です。        
アオバズクがやってくる季節の「せんだん通り」は撮影スポットになります。               


●お隣の施設 「ファームパーク伊都国」

farm

博物館の隣には、農業公園「ファームパーク伊都国」があります。
 都市の消費者と農村の生産者との交流「グリーンツーリズム」にとりくむ、農業・農村活性化推進の拠点施設です。園内には新鮮野菜の直売所や、交流室、研修室がある「にぎわいの館」をはじめ、木工体験ができる「トンカチ館」、「わいわい広場」「ふるさと農園」などがあります。
 また、地元野菜など糸島産の食材を使った食事が楽しめるカフェも併設しています。



博物館概要 施設案内 1階展示室 2階展示室 3階展示室(国宝展示室) 4階展望スペース  

トップページ