ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

可也山

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月1日更新

コニーデ式の優美な形から「糸島富士」とも呼ばれており、古くは万葉の歌にも詠まれ、

糸島市のシンボル的な山として親しまれています。

東側登山口(師吉)から1.8kmの自然遊歩道が完備されており、黒田長政が1618年に

日光東照宮の大鳥居を献上した石切り場跡等が至る所にあります。

山頂には神武天皇を祭ってある「可也山神社」があり、その先200mの所は360度の展望

が開け眼下には玄界灘が広がります。


標高365m。

可也山可也山夕景可也山

標高365m
交通JR筑前前原駅から昭和バス15分師吉公民館前バス停下車
駐車場ほか

車は糸島市役所志摩支所にお止ください。  
駐車場から登山口まで15分 登山口より頂上まで30分~40分
登山口近くに公衆トイレがあります。

地図の読み込みに関する問題が発生したとき