ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 伊都郷土美術館

美術館の概要

伊都郷土美術館は、糸島市内で唯一の公立美術館です。
この美術館は、前原出身で、日本美術展覧会(通称 日展)特選受賞の彫塑家 故 原田新八郎氏の作品を収蔵しています。
伊都郷土美術館

原田新八郎作のレリーフ「明日に向かって建築する人」設置!

伊都郷土美術館前の掲示板横に、新しくレリーフが設置されました。

レリーフ

・題名     「明日に向かって建築する人」

・制作年月日  昭和52年9月

・寄贈者    盛永文男氏

・内容     原田新八郎作品集(昭和55年発行)の表紙を飾った代表作のレリーフ。
         盛永氏から原田氏に依頼作製されたブロンズ作品で、盛永設計ビルの壁面を飾っていた。
             事務所を閉められたあと、原田氏の作品を多くの人に見てもらいたいと
         原田ギャラリーのある伊都郷土美術館に寄贈された。

・設置     平成26年3月28日

・大きさ    本体:高さ 約120cm × 幅 約140cm
         台座:高さ 175cm   × 幅 160cm

 

 

展示会の予定

 7月

 【AKEMI DOI ファッションデザイン凱旋展】  7月23日(土曜日)から7月27日(水曜日)

1   2   3   4   5   6   7   8

 糸島出身のファッションデザイナーであるAKEMI DOI帰国後初の個展。
日本でファッションモデルとしてファッションショーのみならず、CM・ポスター等でも活躍後、
ファッションコーディネーターを経てファッションデザイナーに転向し、英国ロンドンへ。
ロンドンを中心に活動した10年間のコレクションの一部と最新のコレクションを展示します。
また、帰国後初のファッションショーを美術館で開催!その他にも、来館者が参加できる各種ワークショップも会期中開催しますので、ぜひおいでください。

【ファッションショー】 7月23日(土曜日)14時~ ※入場無料

【ワークショップ】※入場無料

  ・デザインを生み出す発想方法(講演)    7月24日(日曜日)14時~

  ・お洋服が生きる歩き方              7月26日(火曜日)13時~※プロモデル参加

    

 8月

【宮田ちひろ個展 糸島の光】    8月13日(土曜日)から8月21日(日曜日)まで ※8月15日(月曜日)は休館

 第61回糸島美術工芸展で糸島市長賞を受賞した宮田ちひろの2回目の個展。
糸島の豊かな自然の中で見つけた光り輝く瞬間を描いたアクリル画の展示会です。
約25点を展示しますので、ぜひご覧ください。
  

【糸島市中学校美術科教師展(まる美展)】         8月23日(火曜日)から8月28日(日曜日)まで

 糸島市内の6つの中学校の美術科教師による作品展です。
毎日生徒の作品と向き合って、少しずつ作成した作品約40点を展示します。
生徒の豊かな感性や新鮮な表現に刺激された美術の先生の作品をご覧ください。
  

【じんのうちはるお生誕100年展】      8月30日(火曜日)から9月4日(日曜日)まで

 教会に飾る宗教画や青を基調とした風景画などを描いてきた故じんのうちはるおの作品展。
今回は、53歳から晩年までの作品が中心です。
福岡県立美術館で好評を博した展覧会を伊都郷土美術館でも開催します。ぜひ、ご覧ください。

   

展示会をしてみませんか?

この美術館では、展示室を貸し出しています。
糸島で活躍されている方や、糸島近郊で活躍されている方が作品を発表されています。
みなさんも、日ごろの成果をここで発表してみませんか?

詳しくは、 こちら をご覧ください。