コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 救急・救命 > 救急車の適正利用について

救急車の適正利用について

更新日:2015年1月4日

症状に緊急性がなくても、「交通手段がない」「どこの病院に行けばよいかわからない」「便利だから」と救急車を呼ぶ人がいます。また、「平日休めない」や「日中は用事がある」「明日は仕事」などの理由で、救急外来を夜間や休日に受診する人もいます。

救急車や救急医療は限りある資源です

糸島市には救急車が4台しかないということをご存知ですか?いざというときの皆さん自身の安心のために、救急車の利用について考えてみましょう。

次のようなケースで救急車が呼ばれました~本当に救急車は必要ですか?~

  • 蚊に刺されてかゆい
  • 歯が痛い
  • 海水浴に行って日焼けした足がヒリヒリする
  • 紙で指先を切った。血は止まっているが・・・
  • 病院でもらった薬が無くなった
  • 今日入院予定日だから病院に行きたい
  • 病院で長く待つのが面倒なので、救急車を呼んだ

救急車

お問い合わせ

消防本部 警防課
代表番号:092-322-4222
直通番号:092-332-8027

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。