コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 史跡・文化財 > 史跡 > 狐塚古墳(きつねづかこふん)

狐塚古墳(きつねづかこふん)

更新日:2009年11月1日

福岡県糸島市曽根の古墳

曽根丘陵の東端部に位置する円墳です。墳丘の直径は33メートル、高さ4メートルで3段に造られています。もともとの高さは現状より1メートルほど高かったと考えられ、墳丘の斜面には葺石が施されています。墳丘のまわりには幅6メートルから10メートルの周溝がめぐっていました。

狐塚古墳狐塚古墳(発掘調査風景)

埋葬施設は横穴式石室と小型の竪穴式石室です。主となるものは横穴式石室で長さ2.6メートル、幅1.65メートルです。石室はかなり壊されて一部しか残されていませんでした。石室内は板石によって4区画に仕切られており、床面には敷石が施されています。副葬品は刀子(ナイフ)5本、鉄鏃2本、鉄斧1個などが出土しています。

小型の竪穴式石室もかなり壊されており、石室の石材はまったく残っていませんでした。石室は長さ1.3メートル、幅0.9メートルほどであったと考えられます。

この古墳は約1650から1600年前(古墳時代中期)に造られたと考えられます。現在、石室と周溝は埋め戻されて見ることができませんが、説明版が設置されています。

狐塚古墳石室狐塚古墳石室(横穴式石室)

お問い合わせ

教育委員会 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

文化財係
電話番号:092-332-2093

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。