コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 史跡・文化財 > 旧藤瀬家住宅(きゅうふじせけじゅうたく)と古文書

旧藤瀬家住宅(きゅうふじせけじゅうたく)と古文書

更新日:2012年10月9日

旧藤瀬家住宅

旧藤瀬家住宅の画像
糸島市神在にあった藤瀬家住宅は、建築されたのが江戸時代にさかのぼる歴史ある住宅として知られていました。
平成12年には住宅の全面改築が計画されたため、旧前原市教育委員会では、住宅の建築学史的調査を実施し、その結果、元文2(1737)年に建築された貴重な建物であることがわかりました。
市教育委員会は、解体された建築材を藤瀬家から譲り受けて保管していましたが、平成17年度の平原遺跡環境整備工事にあわせて平原歴史公園の一角に移築復元しました。
また、市の貴重な文化遺産として後世に伝えるため、現在、糸島市の文化財に指定されています。
藤瀬家は中津藩神在村庄屋職を務めていたことから、多くの古文書類も残されており、伊都国歴史博物館で保管しています。

藤瀬家文書

伊都国歴史博物館所蔵の古文書

藤瀬家は中津藩神在村庄屋職を務めていたことから、多くの古文書類が残されています。
これらには承元、永仁、応永期の中世文書や数点の戦国期文書など希少価値の高い資料が含まれています。また、近世文書も多く含まれており、怡土群西部の歴史を知る上で重要な資料といえます。なお、これらは一括して糸島市の文化財に指定されており、現在、近世文書は伊都国歴史博物館で保管しています。

神有村汐土手破損内書改書帳の画像神有村汐土手破損内書改書帳

また、保管されていた古文書のほかに、下貼りとして古紙を使用した襖(ふすま)などの建具類があり、扁額の表装を剥がしたところ日田直轄領の会所印のある古文書類、襖には元禄・享保・寛政・天保年間などの覚書、普請割当や年貢控えなどの文書類、騎馬武者絵が発見されました。これらもまた資料的価値が高いため、博物館にて保管しています。

騎馬武者絵の画像騎馬武者絵

さらに、藤瀬家からは古文書類のほかに、改築前に使用していた家具類や戦前の教科書類、絵はがきなどの寄贈を受けました。
藤瀬家書類の画像

お問い合わせ

教育委員会 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

文化財係
電話番号:092-332-2093

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。