コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 歴史・文化・美術 > 史跡・文化財 > 有形文化財 > 木造龍猛菩薩坐像(もくぞうりゅうみょうぼさつざぞう)

木造龍猛菩薩坐像(もくぞうりゅうみょうぼさつざぞう)

更新日:2015年4月17日

文化財の内容

真言八祖のひとり、龍猛菩薩とされる僧形の坐像。元来は雷神社(いかずちじんじゃ)に祀られていましたが、明治の神仏分離・廃仏毀釈の流れを受け、明治5年に正覚寺にもたらされました。

小ぶりながらも天竺僧を思わせる写実的な表情をしており、鎌倉時代の彫刻を特徴づける秀作といえます。

  • 構造:カヤ材、彫眼、一本割矧ぎ造り、彩色(現状素地)
  • 法量:像高39.2センチメートル、膝張35.8センチメートル(最大幅)、裳先奥27.7センチメートル(最大奥行)

木造龍猛菩薩坐像1

木造龍猛菩薩坐像(正面)

木造龍猛菩薩坐像2

木造龍猛菩薩坐像(側面)

 

お問い合わせ

教育委員会 文化課
窓口の場所:新館6階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2093
ファクス番号:092-321-0920

文化財係
電話番号:092-332-2093

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。