コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 祭り > 高祖神楽(春)

高祖神楽(春)

更新日:2014年1月14日

高祖神楽は、今から五百数十年前の応仁元年、戦国動乱の時代、時の高祖城主原田種親が京都守護の任に当たった時に習得した「京の能神楽」を郷土に伝えたものとされていますがその始めは定かではありません。

江戸時代までは旧怡土郡の神職の奉仕で舞われていましたが、明治になってからは高祖神社の氏子によって受け継がれました。

現在は、十数人の氏子の神楽師によって春は毎年4月26日13時から高祖神社境内の神楽殿で奉納されています。

神楽には面を付けずに採り物を捧げて楽の音にあわせ神楽歌を唱えながら静かに舞う舞神楽と面を付けた数人の神楽師が登場して神話物語を展開させてゆく面神楽の2種12番が奉納されています。

  • 高祖神楽の奉納

  • 演目「磯羅」

 

演目

神供(じんぐ)、高処(たかどころ)、笹舞(ささまい)、国平(くにうけ)、蟇目(ひきめ)、磯羅(いそら)、敷蒔(しきまき)、神相撲(かみずもう)、両剣(りょうけん)、御弓(おゆみ)、御剣(ごけん)、問答(もんどう)岩戸開き(いわとひらき)

注:採り物-降神の宿る所とになる鈴・剣・玉のこと

住所

福岡県糸島市高祖1578

問い合わせ

電話番号:092-322-7133(高祖神社宮司 上原和憲)

開催

毎年4月26日 13時くらいから

会場

高祖神社神楽殿

入場料等

無料

備考

会場駐車場には限りがございます。係員の誘導にしたがってください。

お問い合わせ

産業振興部 商工観光課
窓口の場所:第2庁舎1階
代表番号:092-323-1111
ファクス番号:092-324-2531

観光振興係
電話番号:092-332-2080

商工労働係
電話番号:092-332-2080

企業立地係
電話番号:092-332-2080

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。