コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 眺める・遊ぶ > 観光スポット > 陸の主な観光スポット > 桜井神社

桜井神社

更新日:2014年1月20日

楼門

寛永9年(1632年)に黒田二代藩主黒田忠之(ただゆき)公によって創建され、筑前国の信仰の拠点でありました。今日でも筑前の守護神として広く崇敬をあつめています。

桧皮葺きの屋根が特徴の三間社流造(さんげんやしろながれづくり)の本殿には豪華で美しい極彩色の彫刻が施され、拝殿、楼門(ろうもん)ともに福岡県の文化財に指定されています。

本殿の真後ろには「岩戸宮」、参道の左手の石段を登ると、伊勢神宮の内宮と外宮を一体化した神明造り(しんめいづくり)の「桜井大神宮」も。

静寂に包まれ神聖な気持ちになれるスポットとして、多くの人が訪れています。

岩戸宮と彫刻

桜井大神宮

狛犬

桜井二見ヶ浦

二見ヶ浦

桜井神社から車で3分程の距離にある桜井二見ヶ浦。

古くから桜井神社の社地として聖なる場と崇拝されてきました。

伊勢の朝日の二見ヶ浦に対して夕日の筑前二見ヶ浦として有名です。
 

周辺案内図

地図はドラッグ操作でスクロールします。

お問い合わせ

産業振興部 商工観光課
窓口の場所:第2庁舎1階
代表番号:092-323-1111
ファクス番号:092-324-2531

観光振興係
電話番号:092-332-2080

商工労働係
電話番号:092-332-2080

企業立地係
電話番号:092-332-2080

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。