コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 眺める・遊ぶ > 観光スポット > 陸の主な観光スポット > 一貴山の仁王門

一貴山の仁王門

更新日:2014年1月20日

伝説の怡土七ヶ寺の一つ、夷巍寺の跡とされる二丈一貴山字一貴山には

江戸時代に再建された仁王門とともに、1対の金剛力士像が残されています。

高さは2.8メートルほどあり、地元の一貴山集落の人びとによって大切に保存されています。

元は奈良時代に聖武天皇の勅を受けて、インドから渡って来た清賀上人が建てた

夷巍寺の山門と伝えられますが、現在は仁奈良時代に聖武天皇の勅を受けて、

清賀上人が建てたという寺の山門として、現在は仁王門だけが残っている。

門の左右には身長3メートル程の阿吽の仁王像が安置されている。

市の文化財にも指定されています。

仁王門

住所

福岡県糸島市二丈一貴山

アクセス

JR筑肥線深江駅下車徒歩40分

周辺案内図

地図はドラッグ操作でスクロールします。

お問い合わせ

産業振興部 商工観光課
窓口の場所:第2庁舎1階
代表番号:092-323-1111
ファクス番号:092-324-2531

観光振興係
電話番号:092-332-2080

商工労働係
電話番号:092-332-2080

企業立地係
電話番号:092-332-2080

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。