コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 買う > 直売所 > 糸島の花 > 父の日は糸島の花を(バラ)

父の日は糸島の花を(バラ)

更新日:2012年6月7日

1年間の「ありがとう」の気持ちを込めて。父の日に「花」を贈られては、いかがでしょう。
糸島は、「きゅうり」や「いちご」などの野菜や「みかん」や「もも」などの果実、「肉牛」や「乳牛」、「豚」などの畜産だけではなく、実は、「花」も盛んに生産されており、県内有数の産地なのです。

父の日には、糸島の「バラ」を

1909年、アメリカはワシントン州のジョン・ブルース・ドット夫人が、南北戦争から復帰後、過労で亡くなった妻に代わって男手ひとつで6人の子供を育て上げた父親の苦労を思い、当時すでに定着していた母の日に倣って「父の日を作ってほしい」と教会に嘆願したことが始まりです。その後、アメリカでは1972年に父の日が制定されました。

母の日の花は赤いカーネーションが主流ですが、父の日は白いバラ。ドット夫人が父親の墓前に白いバラを供えたのが由来です。また、現在では、健在している父には赤いバラ、亡くなった父には白いバラを贈るという説もあるようです。

色は「白」、「赤」以外にも、「黄」や「ピンク」、「オレンジ」、「青」など色々ありますので、色んな色を混ぜて贈ると良いかもしれませんね(^.^)。

また、花言葉も色ごとに色々とありますが、ちなみに、白いバラの花言葉は「尊敬」、赤いバラの花言葉は「愛情」だそうです。

日頃、頑張っている(頑張っていた)お父さんに、感謝の言葉とともに「バラ」をお渡しして(部屋に飾って)みては、どうでしょう。

バラは切り花の定番なので、どのお花屋さんでも置いています。

なお、糸島では、8件のバラ農家さんが色とりどりのバラを生産しており、市内の花屋さんはもちろんのこと、市内農畜産物直売所でも、「糸島のバラ」が購入出来ます。また、志摩の野北交差点の近くで、直売をなさっている農家さんもいますので、ドライブの際に立ち寄ってみてはいかがですか?

糸島のバラをお父さんに贈ってみませんか?

  • 栽培状況の画像

    栽培状況

  • 出荷前の画像

    出荷前 色んな色が揃ってました...

小川県知事へも福岡県花き園芸連合会より、バラが贈呈されました。

注:是非、花屋さんへ行ってみてください。「花」を見るだけでも、癒されますよ。そして、糸島の「花」をどうぞ!!

今回の記事は、『糸島農業計画会議 花き班』からの紹介です。
『糸島農業計画会議』は、福岡普及指導センター、JA糸島、糸島市農業振興課からなる組織で、糸島の農業振興のために活動しています。その中の花き班は、特に花の生産振興を専門としています。

お問い合わせ

産業振興部 農業振興課
窓口の場所:第1別館2階
ファクス番号:092-321-0922

農政係
電話番号:092-332-2087

農業振興係
電話番号:092-332-2087

水田農業係
電話番号:092-332-2087

農業公園ファームパーク伊都国
電話番号:092-322-7661

糸島市農業農村活性化推進委員会(農業振興課)
電話番号:092-332-2087

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。