コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 買う > 直売所 > こだわりの農畜産物 > この地でしか育たない(?)芥屋かぶ

この地でしか育たない(?)芥屋かぶ

更新日:2010年12月13日

鮮やかな赤紫色のかぶ

不思議なかぶ:『芥屋かぶ』

鮮やかな赤紫の色が目をひく『芥屋かぶ』は、上半分が赤紫色で中身は白色、柔らかい肉質で地元の人に昔から親しまれているかぶです。
このかぶが栽培されているのは、福岡の中でも、ここ糸島市志摩芥屋地域だけ!
生産者がこの赤紫色に魅せられて、志摩芥屋地域外で栽培してみたのですが、芥屋以外では、決してこの赤紫色がでないとか。(1年目は、芥屋かぶの特徴がでるが、2年目からは赤紫色にならない。)
まさに、芥屋でしか生まれない不思議なかぶ。

志摩芥屋地域でしかできない『芥屋かぶ』摩訶不思議なり!

不思議なかぶ『芥屋かぶ』。見てください見事な色を

  • 芥屋かぶ
  • 色鮮やかな芥屋かぶ

芥屋かぶは、農家さんが自家用として栽培してきた在来種で、主に漬け物用として使われています。
干した後、海岸で海水につけ、甘酢漬けにすると、赤紫色のかぶは、かわいらしいピンク色にお色直しをします。
玄界灘の潮風、砂地の畑、霜が降りない気候、様々な風土が生み出す、『芥屋かぶ』は、太陽の恵みと海の恵みを更に使って、私たちの食卓を艶やかに彩るのです。

芥屋かぶ料理のいろいろ

  • 芥屋かぶの甘酢漬け

    鮮やかな「芥屋かぶ」の甘酢漬け。

  • 芥屋かぶの海水漬け

    芥屋かぶの海水漬け、上品な色です。

  • ご飯の芥屋かぶ巻き

    甘酢漬けをご飯に巻くと見た目も楽しい

  • 芥屋かぶの生ハム巻き

    おしゃれなオードブルにも変身。
    「芥屋かぶ」の生ハム巻き。

  • 芥屋かぶの柿巻き

    手前中央:「芥屋かぶ」とひじきの炒め物。
    手前右:柿の「芥屋かぶ」巻き

  • 芥屋かぶの海水漬け

    芥屋かぶの海水漬け。
    色々な色が楽しめます。

芥屋かぶを手に入れるなら

摩訶不思議なかぶ『芥屋かぶ』。
ちょっと食べてみたくないですか?

芥屋かぶの甘酢漬けのお求めは、次をお尋ねください。

芥屋物産直売所 大門

  • 場所:糸島市志摩芥屋732番地
  • 営業日:毎週土曜日・日曜日
  • 営業時間:9時から17時まで

注:年内は19日までの営業、新年は2月6日から営業となりますので、ご了承ください。

お問い合わせ

産業振興部 農業振興課
窓口の場所:第1別館2階
ファクス番号:092-321-0922

農政係
電話番号:092-332-2087

農業振興係
電話番号:092-332-2087

水田農業係
電話番号:092-332-2087

農業公園ファームパーク伊都国
電話番号:092-322-7661

糸島市農業農村活性化推進委員会(農業振興課)
電話番号:092-332-2087

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。