コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 眺める・遊ぶ > 木・花 > 仁王門のクスノキ

仁王門のクスノキ

更新日:2009年11月1日

概要

仁王門の背景にそびえるランドマーク的存在の独立木である。樹形は壮大で樹高5m程のところで直径0.8メートルから1.7メートルの太枝が四方に大きく分枝しており、根張りもしっかりしている。ネズミモチの着生がみられる。 隣接する河川の護岸改修時に根部を損傷しており、また、周辺部の舗装等により、生育環境は良好ではない(若干の衰弱がみられる)。

  • 分布:暖地に自生する常緑高木。高さ20メートル径2メートルを超え、西日本における巨木の代表的なもの。
  • 幹:樹形は雄大で枝張りは力強い。樹皮は帯黄褐色で縦裂が見られ、新梢は黄緑色である。
  • 葉:長い柄をもって互生し、卵形で先端は細長くとがり顕著な三行脈をもつ。主脈と第一側脈との分岐点に小さなツブがあり、本種の特徴となっている。
  • 花:晩春、やや散形花序をした円錐花序の、初めは白色でのちに黄色を帯びる小花を着ける。
  • 実:11月頃、径8ミリメートル位の球形の果実が黒く熟す。内部に球形の種子が1個入っている。

仁王門のクスノキ

樹種名

クスノキ

所在地

福岡県糸島市二丈一貴山902-1

樹高

24.70メートル

幹回り

7.41メートル

推定樹齢

300年以上

調査年月日

1994年8月23日

歴史・言い伝え

一貴山集落の入口にある夷巍寺仁王門は、1846年に再建されており、その際、1708年銘の棟札が発見されている。境内地にそびえる勇壮なクスノキも、この頃には植樹されていたと考えられる

お問い合わせ

建設都市部 施設管理課
窓口の場所:第2別館2階
ファクス番号:092-329-1311

住宅係
電話番号:092-332-2078

管理係
電話番号:092-332-2078

メールでお問合せ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。