コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 眺める・遊ぶ > 木・花 > 増江神社のイチョウ

増江神社のイチョウ

更新日:2009年11月1日

概要

オガタマノキ・イヌマキにはさまれて枝下は窮屈な感じをうけるが、上部の樹冠は大きく枝を広げている。 樹高の半分まで通直でその上部で分枝する。 乳柱は見られない。 根元から1.5メートルの東側が石積の擁壁で阻まれ生育環境は良好とはいえないが樹勢に影響は見られない。

  • 分布:北海道南部から九州まで社叢林や街路樹として利用される落葉高木。雌雄異株。
  • 幹:樹皮は淡褐色で、幹は直立し高さ30メートル径2メートル程の大木となる整形樹。時として幹枝から「ちち」といわれる大きな気根(乳柱)を下げることがある。
  • 葉:長枝では互生、短枝では束生し、秋に黄葉する。
  • 花:4月頃、新葉と共につける。雄花は尾状花序のようになる。雌花は花柄の頂端に2つあり、盃状の心皮の上に裸の胚珠が1つ着く。
  • 実:核果的で、外種皮は黄色く熟し多肉質で悪臭を発する。内種皮は白色で硬く2から3の稜線を有し、これをギンナンといい食用とする。

増江神社のイチョウ

樹種名

イチョウ

所在地

福岡県糸島市二丈松末1587(増江神社)

樹高

21.31メートル

幹回り

3.35メートル

推定樹齢

不詳

調査年月日

1995年2月23日

お問い合わせ

建設都市部 施設管理課
窓口の場所:第2別館2階
代表番号:092-323-1111
ファクス番号:092-329-1311

住宅係
電話番号:092-332-2078

管理係
電話番号:092-332-2078

メールでお問合せ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。