コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 眺める・遊ぶ > 木・花 > 宇美八幡宮のカシ

宇美八幡宮のカシ

更新日:2009年11月1日

樹形及び性質

  • 樹形は壮大。
  • 樹冠は巨大ながら幹肌の明るさ・適量の枝葉により暗さを感じさせない。
  • 幹はやや傾いているが、迫力ある裂目とともにより存在感を感じさせる。
  • 全体として、「1本の幹・4本の枝」を骨格として逆三角形をつくりだしている。枝張りも充実。
  • 11月頃、だ円体で褐色の硬い実(どんぐり)が成熟する。

宇美八幡宮のカシ

樹種名

イチイガシ

所在地

川付:宇美八幡宮

樹高

26.03メートル

幹回り

6.56メートル

推定樹齢

1000年以上

指定年月日

2002年4月15日

備考(言い伝え等)

幹に「シーボルトコギセル」という小さな巻貝が生息している。

お問い合わせ

建設都市部 施設管理課
窓口の場所:第2別館2階
ファクス番号:092-329-1311

住宅係
電話番号:092-332-2078

管理係
電話番号:092-332-2078

メールでお問合せ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。