コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 眺める・遊ぶ > 木・花 > 川上邸のバクチノキ

川上邸のバクチノキ

更新日:2009年11月1日

樹形及び性質

実の成る頃にはたくさんの小鳥たちがえさを食べに来る。

  • 幹は力強く直立し約3分の1の高さで多くの枝に分かれている。
  • 樹皮はうろこ状にはげ落ち、そのあとは赤褐色または黄紅色をしている。
  • 根張りも枝張りも立派である。
  • 堅い葉は大きく光沢がありボリューム感にあふれている。
  • 9月から10月頃、葉のわきから直径6ミリメートルから7ミリメートルの白い花を密につける。
  • 実は、初めは、ゆがんだ卵形で、翌年の初夏にだ円形になり、紫黒色に熟す。
  • 思いがけない時、樹皮がはげ落ちるのでそれにちなみバクチという名が生まれた。
  • 江戸時代には博徒の信仰樹となった。

川上邸のバクチノキ

樹種名

バクチノキ

所在地

川付:川上公邸

樹高

17.89メートル

幹回り

2.62メートル

推定樹齢

100年以上

指定年月日

2002年4月15日

備考(言い伝え等)

  • 現所有者によると、「牛小屋建設にこの材を用いると良牛ができる」と父親が語っていたという。
  • また、実の成る頃にはたくさんの小鳥たちがえさを食べに来るという。

お問い合わせ

建設都市部 施設管理課
窓口の場所:第2別館2階
ファクス番号:092-329-1311

住宅係
電話番号:092-332-2078

管理係
電話番号:092-332-2078

メールでお問合せ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。