コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 男女共同参画 > クイズで男女共同参画!

クイズで男女共同参画!

更新日:2014年12月15日

あなたは何問分かりますか、Let's challenge

「男女共同参画って何だか分かりにくい」そう思う方も多いかもれません。
でも、意外と自分の身近なことに関係していることもありますよ。
この機会にぜひ挑戦してみてください。

問題

第1問、糸島市の行政区長(全162人)のうち、女性は何人でしょう

女性のイラスト

(1):1人

(2):3人

(3):5人

答えは下記の「正解」でご確認ください。

第2問、日本の科学者に占める女性の割合は何%でしょう

女性科学者のイラスト

(1):4%

(2):14%

(3):24%

答えは下記の「正解」でご確認ください。

第3問、共働き世帯と専業主婦世帯、どちらの方が多いでしょう

家のイラスト

(1):共働き世帯

(2):専業主婦世帯

(3):同じくらい

答えは下記の「正解」でご確認ください。

第4問、平成24年度の男性の育児休業取得率は何%でしょう

パパと赤ちゃんのイラスト

(1):1.89%

(2):6.89%

(3):9.89%

答えは下記の「正解」でご確認ください。

第5問、男性の一般労働者(常勤労働者のうち短時間労働者を除く)の給与を100とした場合、女性はどのくらいでしょう

働く人のイラスト

(1):約70%

(2):約80%

(3):約90%

答えは下記の「正解」でご確認ください。

第6問、女性の平均勤続年数は年数でしょう

働く女性のイラスト

(1):3年

(2):8.9年

(3):13.2年

答えは下記の「正解」でご確認ください。

正解

第1問の正解は、(3):5人

糸島市における身近な役員の女生徒用状況

主な役職名総数
(人)
うち女性
(人)
女性比率
(%)
審議会等委員 468 141 30.1
農業委員 28 2 7.1
公民館長 16 1 6.3
行政区長 162 5 3.1
民生児童委員 162 102 63.0
小中学校PTA会長 22 1 4.5

注:審議会等員は25年4月1日現在、その他は26年4月1日現在。

身近な地域の役員の女性の登用は、民生児童委員を除き、低い状況です。
男女が対等なパートナーとして地域の課題について共に考え、取り組むことが、多様性に富んだよりよい地域社会を築くことにつながります。

第2問の正解は、(2):14%

女性研究者(実数)及び割合の推移(平成15年から25年)

研究者にしめる女性の割合

注:総務省調べ

諸外国では、ロシア41.2%、アメリカ33.6%、フランス25.6%と女性科学者が多く活躍しています。
「女性=文系、男性=理系」ではなく、それぞれの能力や個性が発揮できる環境が求められています。

第3問の正解は、(1):共働き世帯

共働き世帯の推移

共働き世帯の推移のグラフ

注:平成25度版男女共同参画白書

昭和55年には男性片働き世帯数は共働き世帯の2倍近くもありましたが、90年代には共働き世帯が上回り、現在も増加傾向にあります。
夫婦が共に協力して仕事と家庭の両立ができる環境整備や社会制度の充実が必要です。

第4問の正解は、(1):1.89%

育児休業取得率の推移

総数(人)男性(%)女性(%)
平成8年度 0.12 49.1
平成14年度 0.33 64.0
平成20年度 1.23 90.6
平成24年度 1.89 83.6
注:厚生労働省調査

男性の育児休業取得率は大変低く、取得期間も約4割が5日未満です。
男性も育児休業を取得しやすいよう、妻が仕事をしていなくても取得できる、両親が共に育児休業を取得する場合に期間が延長できる、育児休業給付金の支給率を引き上げるなど、制度の改正も進められています。

第5問の正解は、(1):約70%

男性を100とした場合の女性の所定内給与

男性を100とした場合の女性の所定内給与のグラフ

注:平成26年度版男女共同参画白書

男性一般労働者の所定内給与(残業代等を除く)水準を100としたとき、女性一般労働者は71.3。
男女の賃金格差は縮小傾向にありますが、まだまだ開きがあります。
管理職に就く女性が少ないこと、勤続年数が短いことが原因と考えられます。

第6問の正解は、(2):8.9年

勤続年数別一般労働者の構成割合

グラフ2

注:平成26年版男女共同参画白書

平成24年の平均勤続年数は、女性が8.9年、男性は13.2年です。女性の勤続年数は徐々に長期化する傾向にあります。
10年以上の勤続者の割合は、女性では3割であるのに対し、男性は約半数となっています。

もっと男女共同参画を知りたい方関連リンクをご覧ください。

お問い合わせ

人権福祉部 男女共同参画センター
直通番号:092-324-2800

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。