コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 手当・助成 > ひとり親家庭の資格取得、就業を支援する制度

ひとり親家庭の資格取得、就業を支援する制度

更新日:2019年3月13日

講座を受けてスキルアップを目指したい!

糸島市母子家庭等自立支援教育訓練給付金

制度の内容

ひとり親家庭の母または父が就職につながる能力開発のために指定の教育訓練講座を受講し、修了した場合に受講料を助成する制度です。
受講できる講座の例として、パソコン、簿記検定、介護関係の講座等があります。受講開始前の申請が必要ですので、受講を検討されている方は、お早目に子ども課児童係へご相談ください。
注:高等職業訓練促進給付金と同時に受けることはできません。

対象者

糸島市に住所を有する母子家庭の母または父子家庭の父で次のすべての条件を満たす人
・児童扶養手当を受給しているか、または同等の所得水準にある。
・この教育訓練を受けることが適職に付くために必要であると認められる。
・原則として過去にこの自立支援教育訓練給付金の支給を受けたことがない。

対象講座

・教育訓練給付の対象として厚生労働大臣が指定する一般教育訓練講座(ハローワークのウェブサイト参照)
・就業に結びつく可能性の高い講座で厚生労働大臣が別に定めるもの
 注:受講前に申請書及び必要書類を提出し、対象講座の指定を受けることが必要です。

支給額

1 雇用保険制度の「一般教育訓練給付金」の支給を受けることができない人
  受講料の60%(上限20万円)
  注:受講料の60%が12,000円を超えない場合は支給対象になりません。
2 雇用保険制度の「一般教育訓練給付金」の支給を受けることができる人
  1から「一般教育訓練給付金」の支給額(受講料の2割、上限10万円)を差し引いた額

就職に有利な資格を取りたい!

糸島市母子家庭等高等職業訓練促進給付金

制度の内容

ひとり親家庭の母または父が看護師や保育士などの就職に有利な資格を取得するための養成機関で1年以上の修業をしている場合に、修業期間中の生活費の負担軽減を図るため、修業する期間(36か月を上限)に毎月訓練促進給付金を、また修了日以後に修了支援給付金を支給します。
注:自立支援教育訓練給付金と同時に受けることはできません。

対象者

糸島市に住所を有する母子家庭の母または父子家庭の父で次のすべての条件を満たす人
・児童扶養手当を受給しているか、または同等の所得水準にある。
・1年以上の養成課程を修業し、対象資格の取得が見込まれる。
・仕事または育児と修業の両立が困難であると認められる。
・過去に同種の給付金の支給を受けていない。

対象資格

看護師、准看護師/社会福祉士、介護福祉士/保育士/理学療法士、作業療法士/歯科衛生士/美容師/製菓衛生師/調理師

支給額

・訓練促進給付金    市町村民税の非課税世帯  月額100,000円
            市町村民税の課税世帯   月額  70,500円 
            (支給期間:修業期間全期間 上限3年)  

・修了支援給付金    市町村民税の非課税世帯  50,000円
            市町村民税の課税世帯   25,000円

お問合せ先

 子ども課 児童係    電話番号:092-332-2074

お問い合わせ

人権福祉部 子ども課
窓口の場所:新館3階
ファクス番号:092-323-2344

児童係
電話番号:092-332-2074

保育・幼稚園係
電話番号:092-332-2074

児童手当係
電話番号:092-332-2074

子育て支援センターすくすく
電話番号:092-321-0464

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。