コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 動物・ペット > ペット > 愛情と責任を持って育てましょう

愛情と責任を持って育てましょう

更新日:2014年1月24日

ペットは家族の一員です。愛情と責任を持って終生飼いましょう。

猫の場合

ねこは屋内で飼育しましょう!!

放し飼いのねこに、苦情が多く寄せられています。
屋内飼育では、トイレ・爪とぎなどのしつけは欠かせませんが、交通事故や伝染病などの危険性は減少します。また、近所の庭や畑に入りフンをしたり、荒らしたりして迷惑をかけることも少なくなります。
不幸な事故を避け、近所に迷惑をかけないよう、できるだけ屋内で飼うようにしましょう。

不妊・去勢手術をしましょう。

不妊・去勢手術などの繁殖制限措置は、かわいそうな命を作らないための措置です。繁殖を望まないのであれば、飼い主の責任で不妊・去勢手術を実施しましょう。
マーキングなどの抑制にもなります。

最近は、ペットを飼う家庭が多くなっています。それに伴い、不適切な飼い方による近隣とのトラブルも増加しています。ペットも大事な家族の一員です。マナーを守って、近所や他人に迷惑をかけないように心がけましょう!!
ペットに関するさまざまな苦情がありますが、その多くは飼い主がマナーを守り、しつけをきちんとしていれば、減らすことができます。
自分がされていやなことは、誰だっていやなもの。周囲のことに気を配り適切にペットを飼うようにしましょう。

犬の場合

フンの後始末は飼い主の責任です!!

公共の場所や他人の土地は、犬のトイレではありません。
犬の散歩のときは、常にビニール袋やシャベルなどを携帯し、責任をもってフンの後始末をしてください。フンをそのまま放置することは、環境汚染につながります。
散歩は犬の気分転換や運動であって、トイレをさせるためではありません。正しく「しつけ」を行うことで、どこにでもフンや尿をしないようになります。

犬の吠える声、時には近所迷惑に!

犬が吠える動物だといっても、「四六時中吠える」「夜中に吠える」のは、隣近所にとっては困りもの、トラブルにもつながります。
飼い主は、飼育場所を変えるとか(例:家の中に入れる)、毎日充分散歩をさせるなど、日ごろから周囲に気を配りながらしつけをすることが大切です。

犬の放し飼いはやめましょう。

犬の放し飼いは、福岡県の条例で禁止されています。檻など囲いの中で飼育するとか、鎖でつなぐなど適切な管理をしてください。

お問い合わせ

市民部 生活環境課
窓口の場所:本館1階
ファクス番号:092-321-1139

環境・エネルギー係
電話番号:092-332-2068

ごみ減量推進係
電話番号:092-332-2068

環境施設係
電話番号:092-332-2068

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。