コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > ごみ・リサイクル > お知らせ(ごみ・リサイクル) > 「段ボールコンポストふりかえり講習会」を開催しました

「段ボールコンポストふりかえり講習会」を開催しました

更新日:2015年3月2日

段ボールコンポストふりかえり講習会 すてなんな君パワーアップ講座

2月28日に、市とJA糸島の共催事業「段ボールコンポストふりかえり講習会 すてなんな君パワーアップ講座」を、JA糸島営農総合センターにて開催しました。

当日は、まず市役所生活環境課からごみ減量の必要性を説明、次に参加者による「わが家のすてなんな君活用法」の発表、そして本題の段ボールコンポストについて講師の古藤俊二さんから講習を受けました。

ミネラルの多い野菜を作るための土づくり、連作障害対策のための土づくりのための段ボールコンポストの活用法などを学びました。

今回の講習会は段ボールコンポスト使用者を対象とした応用講座だったため、コンポストに入れると水分過多になりやすいコーヒーかすや茶かすの活用法といった少し高度な内容もありましたが、116名の皆さん全員が熱心に聴き入っていました。また講習会終了後も、大勢の方々が古藤さんを取り囲んで、すてなんな君の使い方の質問をされていたのが印象的でした。

今回の講習会で学んだことを活かし、捨てるはずの生ごみを「たい肥」としてリサイクルして美味しい野菜を作っていただければ幸いです。

講習会の様子

講習会のようす

参加者の発表

「わが家のすてなんな君活用法」発表のようす

講師紹介

古藤俊二さん写真

古藤 俊二さん
JA糸島の考査役兼グリーンアドバイザー。

「Dr.コトー」の愛称をもち、段ボールコンポスト「すてなんな君」、カキ殻石灰「シーライム」、卵殻石灰「エッグライム」など数多くのリサイクル商品の生みの親。

農協職員という立場に留まることなく、循環型社会の実現を目指して、自身が生まれ育った糸島から資源循環の取り組みを日本全国に広げていくため日々奮闘している。

テレビ、ラジオなどの出演、執筆活動など幅広く活躍しながらも、次世代を担う子供たちへの教育活動にも熱心に取り組んでいる。現在は西日本新聞に「ドクター古藤のアグリ道場」のコラムを連載中。多数の講演依頼、視察依頼を受け、日本全国に多数のファンをもつ。

お問い合わせ

市民部 生活環境課
窓口の場所:本館1階
代表番号:092-323-1111
ファクス番号:092-321-1139

環境・エネルギー係
電話番号:092-332-2068

ごみ減量推進係
電話番号:092-332-2068

環境施設係
電話番号:092-332-2068

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。