コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 環境・衛生 > 環境保全 > 糸島市の取組 > 「創エネルギーのまち・いとしま」を目指して

「創エネルギーのまち・いとしま」を目指して

更新日:2017年6月2日

糸島市では、地球温暖化の防止や環境に負荷をかけないまちづくりを進めていくために、平成25年3月に再生可能エネルギー導入計画を作成しました。
この計画をもとに、市民、事業者、行政(市)、大学などが連携し、エネルギーの自給自足・地産地消を進めながら、「創エネルギーのまち・いとしま」を目指しています。

「創エネ」と「省エネ」

計画では、再生可能エネルギーなどを活用しエネルギーを創出する「創エネ」と、エネルギー使用量を減らす「省エネ」により、市内でのエネルギー自給率を高めます。(図1)
また、数値目標も定めており、計画最終年(平成32年度)までの達成を目指します。(表1)
みなさん、創エネ・省エネのまちづくりをいっしょに取り組みましょう。

エネルギー自給イメージ

表1 数値目標(計画より一部抜粋)

計画指標基準値
(平成23年度)
現状値
(平成27年度)
目標値
(平成32年度)
伸び率
住宅用太陽光発電買取件数 1,537件 2,881件 3,500件 227%
小水力発電設置か所数 1か所 4か所 5か所 500%
家庭用燃料電池設置台数 150台 191台 300台 200%
公共施設への再生エネ導入件数 6か所 17か所 21か所 350%
市内の電力使用量 4億978万キロワット時 3億9,192万キロワット時 3億6,000万キロワット時 ▲12%

再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギーとは、太陽光、風力、水力、バイオマスなどのことです。石油や石炭などと違い、資源が枯渇せず繰り返し使うことができます。
また、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しないクリーンなエネルギーです。

市の取り組み状況

小水力発電

糸島市の南部には脊振山系の山々が連なり、そこから湧き出す水が川となり市北部の玄界灘に注ぎ込んでいます。市では、その水の流れと落差を生かし、小水力発電を実施しています。
発電を行っているのは、瑞梅寺浄水場(35キロワット)、白糸(15キロワット)、雷(2.7キロワット)、瑞梅寺ダム(100キロワット)の4か所です。
さらに、市内では、民間事業者等により、新たな小水力発電のプランが検討されています。
注:( )内は最大出力。
白糸の滝小水力発電所

太陽光発電

市では、次の公共施設14か所に太陽光発電設備を設置しています。
最大出力は合計で183.9キロワットです。
【設置施設】
交流プラザ二丈館、交流プラザ志摩館別館、二丈中学校、志摩中学校、姫島小学校・志摩中学校姫島分校、南風公民館、東風公民館、波多江公民館、糸島市図書館本館、健康福祉センターふれあい、前原第2放課後児童クラブ、前原南第2放課後児童クラブ、引津第2放課後児童クラブ、伊都文化会館
二丈中学校の太陽光発電設備

 廃棄物発電

糸島市クリーンセンターのごみ焼却熱を利用して発電しています。
最大出力は3,000キロワット時で、年間発電量は930万キロワット時です。

 クリーンセンターの廃棄物発電

 

再生可能エネルギー推進基金

市では、瑞梅寺ダム小水力発電所の売電益等を財源として、平成29年4月に「再生可能エネルギー推進基金」を設置しました。
この基金を活用し、既存の再生可能エネルギー設備の保守管理のほか、さらなる設備の導入を進めていきます。

お問い合わせ

市民部 生活環境課
窓口の場所:本館1階
代表番号:092-323-1111
ファクス番号:092-321-1139

環境・エネルギー係
電話番号:092-332-2068

ごみ減量推進係
電話番号:092-332-2068

環境施設係
電話番号:092-332-2068

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。