コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 税金 > 軽自動車税 > 小型特殊自動車について

小型特殊自動車について

更新日:2016年4月1日

フォークリフト、ショベル・ローダなどで小型特殊自動車に分類されるものや農耕トラクタ、刈取脱穀作業車(コンバイン)なフォークリフトどの農耕作業用自動車は、軽自動車税の課税対象です。
該当する車両を所有する人(法人)は、軽自動車税の申告をして標識(ナンバープレート)の交付を受けてください。
軽自動車税は、軽自動車等の所有に対して課する「物件税」です。公道走行の有無や保安基準の適合は課税の要件ではありません。例えば、事業所構内のみで使用し一般の道路を運行することがないフォークリフトや保安基準を満たさない競技(レジャー)用バイクも道路運送車両法第3条にいう小型特殊自動車の基準に該当すれば、軽自動車税の課税客体となります。

フォークリフト

軽自動車税の課税対象となる小型特殊自動車

道路運送車両法施行規則別表第一に定められる基準は、以下のとおりです。

小型特殊自動車 農耕作業用自動車

全長:制限なし
全幅:制限なし
全高:制限なし
総排気量:制限なし
最高速度:35キロメートル毎時未満

構造:
農耕トラクタ
農業用薬剤散布車
刈取脱穀作業車(コンバイン)
田植機(乗用型)
国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車

税額:2,400円

小型特殊自動車 農耕用以外

全長:4.7メートル以下
全幅:1.7メートル以下
全高:2.8メートル以下
総排気量:制限なし
最高速度:15キロメートル毎時以下

構造:
ショベル・ローダ
フォーク・リフトなど
国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車
国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車
林内作業車、原野作業車
ホイール・キャリヤ、草刈作業車

税額:5,900円

注:全長、全幅、全高、最高速度が上記の範囲外であれば、大型特殊自動車に該当し固定資産税(償却資産)の課税対象となります。

申告手続きについて

小型特殊自動車の申告場所は、市役所税務課市民税係窓口です。

申告に必要なもの

  • 所有者の住所、氏名
  • 印鑑
  • 車名(メーカー)
  • 形式認定番号や車両の構造、規格、車体番号のわかるもの

お問い合わせ

市民部 税務課
窓口の場所:本館1階
代表番号:092-323-1111
ファクス番号:092-323-1149

市県民税、軽自動車税、法人市民税等に関すること
電話番号:092-332-2066(市民税係)

固定資産税に関すること
電話番号:092-332-2094(固定資産税係)

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。