コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 届出・証明 > マイナンバー制度 > マイナンバーカード(個人番号カード)の取得

マイナンバーカード(個人番号カード)の取得

更新日:2017年10月23日

1.マイナンバーカードとは

1.身分証明書としての利用
 マイナンバーを証明する書類や公的な身分証明書として利用できます。

2.諸証明のコンビニ交付サービスの利用
 住民票の写し等がコンビニエンスストアで取得できます。

3.各種手続のオンライン申請の利用
 e-Tax(税電子申告)をはじめ、「マイナポータルサービス」の利用など、将来的には様々な市民サービスの機能が追加される予定です。

4.耐久性があるプラスチック製のカード
 紙製の「通知カード」とは違い、ICチップが搭載されたプラスチック製のカードです。

5.初回の交付手数料が無料
 
マイナンバーカードの初回の交付手数料は無料です。  
 紛失などで再交付するときは手数料が発生します。
 (カード再交付手数料:800円、電子証明書発行手数料:200円)

6.その他
 今後、健康保険証等様々な機能の追加が検討されています。 

大切なカード

「マイナンバーカード」は勤務先等への提示や行政手続きに必要です。大切に保管してください。

  個人番号カード

 

2.マイナンバーカードの申請方法

マイナンバーカードの申請には、5通りの方法があります。

(1) 市民課窓口での申請

 市民課に本人確認ができる書類を持参してください。
 市民課で準備する申請書に顔写真を貼付し、必要事項を記入し、市民課に提出してください。
 顔写真は市民課で撮影しております。(無料) 

 参考:市民課窓口でカードを申請する際に一定の条件を満たせば、カードを本人限定受取(郵便)でご自宅にお届けできます。【本人限定受取(郵便)

(2) 郵送による申請

 送付された「通知カード」の下部分が、個人番号カード交付申請書になっています。
 通知カードの下部分を切り取り、ご自身の顔写真を貼付し、署名等必要事項を記載された上、同封の返信用封筒で地方公共団体情報システム機構へ郵送してください。

(3) パソコンによる申請

 デジタルカメラで顔写真を撮影し、パソコンに保存、交付申請用のWebサイトにアクセスします。
 あとは、画面にしたがって申請書記載のID番号等必要事項を入力し、顔写真を添えて送信してください。

(4) スマートフォンによる申請

 スマートフォンで顔写真を撮影し、申請書のQRコードを読み取って交付申請用のWebサイトにアクセスします。
  あとは、画面にしたがって必要事項を入力し、顔写真を添えて送信してください。

(5) 申請機能がついている証明用写真機からの申請

 タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、撮影用のお金を入れて、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーで読ませます。
 あとは、画面の案内にしたがって必要事項を入力し、顔写真を撮影して送信してください。

3.マイナンバーカードの交付(カードの受け取り)

 糸島市ではマイナンバーカードの交付は、市民課の窓口で行っています。
 なお、受け取りはご本人が来庁してください。  
  

(1) 交付日時

平日(月曜日から金曜日):8時30分から17時15分まで

平日(時間外):17時15分から19時まで
注:時間外交付は、予約制となっています。市民課に電話で予約をお願いします。

休日(毎月第2日曜日):9時から13時まで
注:11月の第2日曜日は交付できません。(庁舎利用不可のため。)

 交付通知書兼照会書(ハガキ)に受け取り期限を記載していますので、期限内にお受け取りください。
 なお、期限が過ぎても、カードは保管していますので早めの受け取りをお願いします。

(2) 受け取りの際に持参いただくもの

 マイナンバーカードの受け取りには、次の書類を持参ください。
   
 1.個人番号カード交付通知書兼照会書(ハガキ)

 2.運転免許証やパスポート等の官公署発行の顔写真付本人確認書類
   
本ページ下の「◎本人確認書類」参照

 3.通知カード(個人番号カード交付の際に返納)

 4.住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)(個人番号カード交付の際に返納)
 注:詳しくは、交付決定通知書をご覧ください。

本人確認書類

 次の書類(Aは1点、Bは2点)の「原本」の提示が必要です。
 なお、書類として保管する必要があるためコピーを取らせていただきます。

 A:顔写真付きの公的証明書

 運転免許証、顔写真付の住民基本台帳カード、運転経歴証明書(平成24年4月1日以降の交付年月日のもの)、旅券(パスポート)、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書  

 B:顔写真付きの公的証明書をお持ちでない方

   
 「氏名、生年月日」又は「氏名、住所」が記載された公的証明書等
  例:健康保険証、年金手帳、介護保険証、年金証書、社員証、学生証、学校名が記載された各種書類、本人名義の預金通帳、母子健康手帳、医療保険受給者証、生活保護受給者証、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書、電気工事士免状、船員手帳、宅地建物取引士証、猟銃・空気銃所持許可証、官公署発行の身分証明書など

(3) 15歳未満の方が受け取る場合

 上記の「受け取りの際に持参いただくもの」に加えて、以下の書類を揃えて15歳未満のご本人と親権者のお二人でお越しください。

15歳未満のご本人及び親権者それぞれの本人確認書類(上記「◎本人確認書類」)

戸籍謄本その他親権者であることを確認できる書類(ただし、申請者ご本人の本籍が糸島市にある場合等は不要です。

 

(4) 被成年後見人の方が受け取る場合

 上記の「受け取りの際に持参いただくもの」に加えて、以下の書類を揃えて被成年後見人ご本人と成年後見人のお二人でお越しください。

被成年後見人及び成年後見人それぞれの本人確認書類(上記「◎本人確認書類」)

成年後見人の資格を確認できる書類

 

4.病気や身体の障がい等やむを得ない理由により、ご本人が受け取りに来ることができない場合の代理人による受け取り

 マイナンバーカードは、公的な本人確認書類となることから、厳格な本人確認を行い交付しています。
 単に、学校や仕事等でご本人が受け取りに来ることができないなどの理由による代理受領はできないこととなっています。
 病気や身体の障がい等やむを得ない理由により代理人が受け取る場合は、以下の書類が必要となります。

 1.個人番号カード交付通知書兼照会書(ハガキ)
  回答書欄にご本人が自署又は記名押印、委任状の記入、暗証番号の記入(目隠しシール貼付)が必要です。
 
 2.ご本人の来庁が不可能であることを証する書類
  例:診断書、ご本人の障がい者手帳、入院又は施設に入所していることを証する書類

 3.ご本人の本人確認書類
  上記「3.(2)の◎本人確認書類」のAを2点 または A+B各1点 または Bを3点(内、顔写真付きを1点以上)

 4.代理人の本人確認書類
  上記「3.(2)の◎本人確認書類」のAを1点以上 または A+B各1点

 5.ご本人の通知カード(マイナンバーカード交付の際に返納)

 6.ご本人の住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)(マイナンバーカード交付の際に返納)

 

5.暗証番号の設定

 カード交付時には、暗証番号の設定が必要です。スムーズな交付事務のためにも、あらかじめ考えておいてください。
 電子証明書を希望される方は「大文字の英字と数字が混じった6文字以上16文字以下」と「数字4文字」の暗証番号を設定していただきます。
 電子証明書を希望されない方でも「数字4文字」は必ず設定していただきます。

マイナンバーカードの暗証番号の種類

1.署名用電子証明書

桁数 英数字の組み合わせで6文字以上16文字以下
 注:数字と英字(大文字のみ)の両方の使用が必要

利用目的 e‐Taxなどの電子申告


2.利用者証明用電子証明書
(注:2.3.4は同じ番号で構いません。)

桁数 数字4桁

利用目的 各種証明書のコンビニ交付、マイナポータル(マイナンバーのポータルサイト)へのログイン時に使用

 
3.住民基本台帳用
(注:2.3.4は同じ番号で構いません。)

桁数 数字4桁

利用目的 役所での住民票コード情報を使った事務手続きに使用

  
4.券面事項入力補助用
(注:2.3.4は同じ番号で構いません。)

桁数 数字4桁

利用目的 会社での税金・保険関係の事務手続きに使用

 会社では、所得税や健康保険、年金の手続きを国に対して行っているので事務手続き上、社員のカードの券面事項(氏名・住所・生年月日などの情報)が必要になります。その際、この暗証番号を利用します。

 

6.マイナンバーカードの有効期限

 マイナンバーカードには有効期限があります。カード、電子証明書ともに有効期限日の3ヶ月前より、市民課窓口で申請できます。

(1) カードの有効期限

発行日において20歳以上の方:発行日から10回目の誕生日まで

発行日において20歳未満の方:発行日から5回目の誕生日まで  

 注:発行日とは「地方公共団体情報システム機構」がカードを発行した日です。カードを受け取った日ではありません。 

(2) 電子証明書の有効期限

発行日から5回目の誕生日まで

 注:15歳未満の方は電子証明の利用はできません。

 

7.引越等による券面事項の更新

 住所や氏名に変更があった場合、新しい住所や氏名をカードの追記欄に記載します。(券面事項の更新)

 転居や転入届などの際には、必ずカードをお持ちください。その際、「住民基本台帳用」の暗証番号が必要です。
 電子証明書を搭載されている方は、暗証番号を新たに設定していただきます。(同じ番号でも可)
 
  注:引越等異動した日から、90日以内に更新手続きを行わないとカードが失効します。失効した場合、あらためてマイナンバーカードの申請手続きが必要となります。(手数料が必要です。)

 

8.諸証明のコンビニ交付

 マイナンバーカードで、住民票等の諸証明のコンビニ交付サービスが受けられます。
 注:利用者用電子証明の搭載が必要です。

 コンビニ交付サービスについては、関連リンクをご確認ください。

お問い合わせ

市民部 市民課
窓口の場所:本館1階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2065
ファクス番号:092-323-1149

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。