コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 観光情報 > 食べる > 糸島市マーケティングモデル推進事業!ふるさと名品オブ・ザ・イヤー2018「地方創生賞」!!

糸島市マーケティングモデル推進事業!ふるさと名品オブ・ザ・イヤー2018「地方創生賞」!!

更新日:2019年3月13日

ふるさと名品オブ・ザ・イヤーとは

「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー」は、地域の素晴らしさを域外の消費者に直接伝えようとする「地域のあらたなチャレンジ」をより多くの人に知ってもらうため、地域に眠る名品とその名品を支えるストーリーや取組みを様々な角度から発掘する制度です。

furusatorogo.png

 

それぞれの名品や、名品をめぐる人材・取組が、どれだけ地方の変革に向けた機運を醸成し、その実現に成功したかという観点から、「ヒト」「モノ」「コト」の3つのカテゴリーごとに地方創生賞が授与され、それぞれのカテゴリーの最高位が地方創生大賞(地方創生担当大臣賞)となります。

地方の名品を支援したいという意思を持つ企業が、知恵と力を絞り、地方の名品を発掘するだけでなく、受賞者へのさまざまな支援をいただけるものです。

ふるさと名品オブ・ザ・イヤーホームページ(クリックすると外部サイトへリンクします)

 

糸島市マーケティングモデル推進事業が「地方創生賞」を受賞!! 

  地方創生に貢献している地域に眠る名品、取組みを表彰する「ふるさと名品オブ・ザ・イヤー2018(内閣府後援)」において、糸島市マーケティングモデル推進事業が全国172件の応募の中から、コト部門の最高位の地方創生大臣賞に続く「地方創生賞」を受賞しました。これまでの「糸島産ふともずく」「だしスープっ鯛!!」「糸島産メンマ」など、糸島市の地域資源を商品化、販路や認知拡大を推進してきた2年半の取組が認められたものです。

furusatosulide.bmp

 

ふるさと名品オブ・ザ・イヤー2018の審査用動画(クリックすると外部サイトへリンクします)


furusatohyousyou.jpg

糸島市食品産業クラスター協議会の馬場孝志会長(中央)

審査では、岩手県知事、総務大臣、内閣府特命担当大などを歴任された「地方消滅」の著者である増田寛也氏をはじめとし、元フジテレビアナウンサーで、シャ乱Qドラムス・まこと氏とご結婚され、司会、テレビ、雑誌など多方面でご活躍の富永美樹氏などが審査員を務められました。

審査会の様子(外部のフェイスブックページへリンクします)

furusatokatayama.jpg

内閣府で開催された授賞式では、糸島市食品産業クラスター協議会の馬場会長、博多女子高等学校の上田常務を始めとした先生方、生徒3名が、地方創生担当大臣の片山さつき大臣から、直接表彰を受けました。馬場会長は「糸島の良さを全国、世界に知ってもらいたいと思って活動している。高校生の柔らかい頭で知恵を出してもらい、すごく助かった」と話しました。

furusatoinntavu.jpg

 

今後、糸島市マーケティングモデル推進事業で誕生した商品などが、企業のご支援などで皆さんに知っていただける機会が増える予定です。

地方創生賞の名品は、テレビ東京が運営する「虎ノ門市場(外部サイトへリンクします)」でも販売されます。
糸島市からも「だしスープっ鯛!!」「糸島産メンマ」など販売される予定です。

furusatokinennsatuei.jpg

    

糸島市マーケティングモデル推進事業とは

受賞を受けた糸島市マーケティングモデル推進事業は、企業から外部講師を招聘した特色あるマーケティングの授業を持つ「博多女子高校」、また、地元の食材、人材、技術等を結び付け、新商品開発や販路開拓、地域ブランドの創出等を図るため、第1次~第3次産業従事者で設立された糸島市食品産業クラスター協議会と連携し、地域事業者のマーケティング支援を行うものです。
furusatohakata.jpg

高校生は、糸島市内の事業者と協力して、自分たちで生産者の話を聞き、製造現場を視察し、商品に引き継がなければならないストーリーを感じ、2年生の商品開発から、3年生での営業、催事等で販売をしている本格的なマーケティング活動です。

生徒自ら、見積書の作成、企業への電話・訪問・プレゼン、催事での販売などを実施し、プロさながら。反対に、授業と合わせて、糸島市内の事業者がマーケティングの学習もしています。第1~3次産業従事者が関与することで、6次産業化モデルとしても、農林水産省の九州優良3事例として選定されるなど地域にあるヒト、モノなどの資源を活用した地域商社のモデルとも呼べる取組みとなっています。

furusatomenmakenngaku.jpg
 

これまでの実際の商材としては、4人の漁師が15年以上作ってきた「糸島産ふともずく」、水産加工の (株)やますえの糸島産天然真鯛100%使用「だしスープっ鯛!!」、放置竹林の竹を活用した、(株)タケマンの国産めんまである「糸島産めんま」に取り組んでいます。

経済活性化だけを追求する取組みではなく、漁業後継者の育成、地域資源の保全、放置竹林対策といった、持続可能な地域づくりや社会課題の解決に資する取組みとなって、さらには、卒業していくときに、次の後輩たちにも意思が受け継ぎ、「糸島の商品に関心が高まった」「糸島で働きたい」「自分も商品開発の先生になりたい」など、高校生たちの生き方を考えるきっかけや、糸島ファンづくりにも寄与しています。
furusatosaiji.jpg

 

関連情報のページ(外部サイトにリンクします)

糸島市マーケティングモデル推進事業の概要

 ふるさと名品オブ・ザ・イヤーでの紹介サイト

糸島産ふともずくの活動

糸島産天然真鯛100%「だしスープっ鯛!!」の活動

 

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
窓口の場所:秘書係/ブランド推進係/広報係:本館2階
情報化推進係:新館3階
ファクス番号:秘書係/ブランド推進係/広報係:092-324-0239
情報化推進係:092-323-2344

秘書係
電話番号:092-332-2111

ブランド推進係
電話番号:092-332-2079

広報係
電話番号:092-332-2079

情報化推進係
電話番号:092-332-2063

注:電話番号の掛け間違えに、ご注意ください。

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。