コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > いとしま協働サロン > 「いとしま協働サロン」とは

「いとしま協働サロン」とは

更新日:2015年7月1日

■「いとしま協働サロン」で、市長に提案しませんか

糸島市では、月形市長が市民の皆様からまちづくりに関する提言(提案)をお聴きし、意見交換を行う「いとしま協働サロン」を行っています。
この制度は、市が定める「糸島市まちづくり基本条例」に基づく公聴制度で、条例内に定める市民の皆様の「まちづくりに関して意見を述べる権利」を確保するものです。

【糸島市まちづくり基本条例(抜粋)】
 第8条 市は、積極的に地域の実情及び市民の意思を把握するよう努めなければならない。
 第10条第3項 市民は、まちづくりに関して意見を述べる権利を有する。


市民の皆様からの積極的なご提案をお待ちしております。
なお、サロン開催の条件や申込方法につきましては、以下をご参照ください。

 

■サロンについて

【開催の条件】

  • 申請者:糸島市内の市民団体
  • 人数:当日の参加者が概ね10人以上
  • 場所:糸島市内
  • 時間:1時間30分以内
  • 内容:まちづくりに関するテーマで、市への提言を含むもの
  • 進行:申請団体が行う
  • 提言書:実施の承諾を受けた後、開催日の14日前までに、市企画秘書課秘書政策係に提出する。
        提言書には、具体的な問題、解決方法、役割分担、効果を盛り込む。

次に挙げるものは、実施不承諾とします。

  • 市民協働を考慮しない一方的な要望
  • 出席予定人数が少なく意見交換会が成立しないと見込まれるもの
  • 申請内容又は提言書の内容に不備があり、改善されない場合
  • 国、県が判断する事項等、市の権限が及ばない事項
  • 政治活動及び明らかな営利活動を目的に行われるもの又はそのおそれがあるもの
  • 宗教活動を目的に行われるもの又はそのおそれがあるもの
  • 明らかな営利活動を目的に行われるもの又はそのおそれがあるもの
  • 特定の思想もしくは信条の普及、宣伝を目的に行われるもの又はそのおそれがあるもの
  • 申請者又は申請団体の構成員が「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」第2条第2号に規定する暴力団及び同法第2条第6号に規定する暴力団員並びに暴力団又は暴力団員と密接な関係を有する場合
  • その他、サロンの実施が不適当であると市長が判断するもの

 

実施までの流れ

  1. 申請書を提出
    ・申請書の詳細は、ページ下部の関連ファイルをご参照ください。
  2. 日程調整、内容確認
    ・申請受付後、企画秘書課秘書政策係から連絡します。
  3. 実施の決定
    ・実施回答書を郵送します。
  4. 提言書、参加予定者名簿を提出
    ・実施日の14日前までに企画秘書課秘書政策係に提出してください。
    ・提言書と参加予定者名簿の詳細は、ページ下部の関連ファイルをご参照ください。
  5. サロン実施
    ・改めて市からの回答や報告等が必要な事案が出た場合は、後日、代表者に連絡させていただきます。

 saloon_image

 

■実施イメージ(例)

【テーマ】

  • 市民の憩いの場となる新たな公園の設置について

  まちづくりに関して、協働の観点から提言していただける内容についてテーマを設定します

【現状、問題点】

  • 糸島市は豊かな自然が多く残るが、子どもを安心して遊ばせることができる公園が少ない。
  • 特に市街地では、開発された住宅街に小さな公園はあるが、狭くて走りまわれない。
  • 高齢者の皆さんが健康づくりのためにグラウンドゴルフを楽しめる広場がない。
  • 万が一の大規模災害が発生した場合の避難に対応できる広場がない。

  客観的なデータや状況などを示していただければ、イメージを共有しやすくなります。

【解決策】

  • 2,000平方メートル程度の公園の設置

   解決策についての具体的イメージを示してください。

【役割分担】

  • 市民団体(地域)

  設置希望場所の選定
  必要な公園の機能の検討
  地権者への土地提供の呼びかけ
  公園設置後の利用促進
  日々の公園の清掃

  • 市(行政)

  土地の買収
  公園の設計
  公園の工事
  公園の管理
  
  実現に向けて、市民団体と市がそれぞれ何を行うか、具体的に提案をお願いします。

【効果】

  • 子どもたちが安心して遊べる場所が増え、子育て世代の定住につながる。
  • 高齢者の健康づくり、生きがいづくりにつながり、医療費削減が期待できる。
  • 避難場所を確保することで、安全安心のまちづくりにつながる。

  期待される効果について、まちづくりの観点から記載をお願いします。

お問い合わせ

企画部 秘書広報課
窓口の場所:本館2階
代表番号:092-323-1111
直通番号:092-332-2111
ファクス番号:092-324-0239

秘書係
電話番号:092-332-2111

ブランド推進係
電話番号:092-332-2079

広報係
電話番号:092-332-2079

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。