コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 安全・安心 > 原子力防災 > 平成30年度福岡県原子力防災訓練を実施しました

平成30年度福岡県原子力防災訓練を実施しました

更新日:2019年2月4日

 2月2日、玄海原子力発電所で重大な事故が発生したとの想定で、佐賀・長崎両県と連携し、原子力防災訓練を実施しました。

 県、市町村、消防、警察、自衛隊等の関係機関、地域住民など140機関・約3,590人が参加し、今回新たに、

  • 原子力災害拠点病院(九州大学)に整備した内部被ばく計測装置(ホールボディカウンタ)を用いた被ばく傷病者受入
  • 保育園での屋内退避

などの訓練に取り組みました。

  • バス避難退域時検査・簡易除染訓練の画像

    中継所(糸島リサーチパーク)におけるバスの避難退域時検査・簡易除染訓練の様子

  • 住民の避難退域時検査・簡易除染訓練の様子の画像

    中継所(糸島リサーチパーク)における住民の避難退域時検査・簡易除染訓練の様子

  • 放射線防護施設の屋内退避訓練の画像

    姫島(姫島福祉センターはまゆう)における放射線防護施設設置の様子

  • 安定ヨウ素剤配布状況の画像

    野辺福ノ浦行政区(福ノ浦公民館)における安定ヨウ素剤緊急配布訓練の様子

お問い合わせ

総務部 危機管理課
窓口の場所:本館2階
ファクス番号:092-324-0239

防災・防犯係
電話番号:092-332-2110

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。