コンテンツにジャンプ
糸島市立南風小学校ロゴ
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > 学校紹介 > 校長あいさつ

校長あいさつ

更新日:2015年1月26日

学校長あいさつ

南風小学校は、2,000年(平成12年)4月に開校しました。校舎は、空間が豊かに広がるオープン教室となっていて、中庭には、カラータイルやウッドデッキが備わっているモダンなつくりとなっています。校歌にも英語の歌詞が入っていることで幾たびもマスコミから取材を受け、紹介された学校です。正門には、情熱と希望を象徴する太陽の塔と安らぎと人の輪を象徴する風の塔の2つの塔が並び、子どもたちの登下校をあたたかく見守っています。

校章は、燦々と太陽が輝く古代ロマンと緑の大地のもとに、6つの学年が仲良く手を取り合って伸びていく様子を表しています。

  • 校章
  • 校門

開校以来、心の教育と地域連携を特色として歩んでまいりました

心の教育では、人としてのあるべき姿や価値ある心のあり様について考える道徳科を充実させています。また、上級生と下級生の日頃からのよりよい関係を築き、優しさや思いやりのあふれるWarm heartの人間関係づくりに努めています。

新校区の開設当初から、南風台と美咲が丘、荻浦、多久の行政区の皆様が力を合わせ、「住みたい住み続けたい共生のまち」をつくろうと営々と努力されてきました。「まちづくりは学校づくり」という合言葉のもと、学校と地域とが一体となって子どもの教育を創造するために、スポーツ・イン・みなかぜ(運動会)や夏祭り、文化祭は、学校と地域とが共催で開催しています。1年生から6年生までの教育活動や学年の行事には、公民館や区長会をはじめシニアクラブ、Ptaの方々など地域の皆様が多様にかかわり、ご支援をいただいています。1年生の下校時には、地域のボランティアの方々が下校時見守り隊として来校し、1年生を家の近くまで引率してくださっています。このような恵まれた地域環境のなかで子どもたちははぐくまれています。平成27年度からは、学校運営協議会を設置し、コミュニティ・スクールに指定されました。コミュニティ・スクールでは、自己肯定感をはぐくむための7つのプロジェクト「みなかぜレインボープラン」を策定しました。

  • 1年生

    1年生(昔遊び)

  • 2年生

    2年生(野菜作り)

  • 3年生

    3年生(ひまわり)

  • 4年生

    4年生(バリアフリー)

  • 5年生

    5年生(米づくり)

  • 6年生

    6年生(南風大楽)

平成28年度からは、現在の子どもたちの課題をもとに学校の教育目標を改定し、自己肯定感の育成をめざしています。自己肯定感を育てるには、子ども自身が志を立てて実践し評価する主体性、絆とも呼べる豊かな人間関係が重要です。この「志と絆」を重点に、教職員「チームみなかぜ」で教育活動に取り組みます。